ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
テレビ会議の専門家 コミュニケーションスペシャリストのご紹介
テレビ会議の専門家 コミュニケーションスペシャリストのご紹介

コミュニケーションスペシャリストのご紹介武石 洋一(たけいし よういち)

テレビ会議の専門家 コミュニケーションスペシャリストのご紹介

コミュニケーションスペシャリスト:武石 洋一(たけいし よういち)

武石 洋一(たけいし よういち)

大学卒業後1998年VTVジャパンに営業担当として入社。
営業担当として幾つもの企業や団体にテレビ会議を導入してきました。

現在は営業部のマネージャーとして部下の指導にあたっています。

なぜ、テレビ会議ビジネスを仕事に選んだのか?

だいぶ昔の話なのであまり覚えていませんが、単純に面白そうだと思ったからです。
私が入社した時には今のように映像を用いたコミュニケーションは一般的ではなく「テレビ会議」もマイナーな存在でしたが、なんとなく「新しいことに挑戦していく」という雰囲気を感じたからだと思います。

テレビ会議システムを通じて得たもの・喜び

勿論、営業ですので自分たちの提案が採用されご注文書をいただいた瞬間に喜びを感じます。
しかしながら、お客様から導入後に「なくてはならいコミュニケーションツールになっている」とのお言葉をいただいた時、ほんの少しでもお客様の業績に貢献ができているような気持ちになります。
継続的に仕事をさせていただき、お客様と苦楽を共にできる喜びの方が大きいですね。

テレビ会議システムを販売する上で苦労したこと

ビジュアルコミュニケーションツールを販売することを仕事にしている以上、お客様が求められている事の本質を捉え、それに見合う提案を行う。この点は今も苦労しています。
そして、システムご導入から時間が経過するとともに必ずお客様のご要望も変化し、新たな課題が生まれます。この変化を敏感に把握することも大変です。
どんな仕事でも同じだと思いますが、苦労に終わりはありませんね!

メッセージ

VTVジャパンはこれまでテレビ会議システムの専門会社として様々な挑戦をしてきました。
これからは「テレビ会議」だけでなく「ビジュアルコミュニケーション」の可能性を追求する挑戦をしていきます。
お客様から「さすがVTVだね」とおっしゃっていただける営業部になりたいです!