ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
テレビ会議初心者ガイド
テレビ会議初心者ガイド

テレビ会議初心者ガイド9.ネットワーク環境の変遷

9.ネットワーク環境の変遷

テレビ会議システムで使用されるネットワークは、「専用線」から「ISDN」へ、さらに「IPネットワーク」と変化を遂げた。
その変遷について、下記にまとめた。

※ 連載期間:2004年11月 ~ 2006年10月 *一部情報が連載当時のままのものがございます。ご了承ください。

テレビ会議システムで使用するネットワークの変遷

  • テレビ会議システムで使用するネットワークの変遷は、H.320やH.323などが標準として成立したことによって生じた。
  • H.320・H.323とはITU-Tという世界標準を定める団体に承認・勧告されたプロトコル。
    • ネットワーク上で音声や動画を送受信するために、音声・映像方式・データ圧縮伸長方式などを定めた。
年代 主流ネットワークとその特徴 変遷の理由
1980年代以前

専用線
ある特定の2地点間を結ぶデータ通信専用の回線(公衆電話回線のようにいろいろな所と通信することはできない)

1990年以降

ISDN
電話やFAX、データ通信を統合して扱うデジタル通信網(日本ではNTTが「INSネット」の名称でサービスを提供している)

ISDNのマルチメディア通信システムを規定するH.320の成立による(1990年)

2000年以降

IP(Internet Protocol)
IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイを設定して、コンピュータネットワークを世界規模で相互に接続する

IPネットワーク上のマルチメディア通信を規定するH.323が成立(1996年)

ISDN回線について

日本では、2002年頃からネットワークの主流がISDNからIPへ移行した。
しかし海外では、まだまだISDN環境を利用している国が多い。(韓国のように、政府がネットワークのIP化を後押ししている国もある)

ISDNの種類

  • ISDN回線には、インターフェースによってBRIとPRIがある。
  • 日本(NTT)におけるBRIとPRIの例
    • BRI : NTTの家庭や中小企業向けの「INS64(INSネット64)」
    • PRI : 光ファイバーを利用した大企業向けの「INS1500(INSネット1500)」

Gateway装置の役割

  • テレビ会議システムでは、基本的に相手がISDN環境の場合にはISDNで、IPネットワーク環境の場合にはIPで接続する必要がある。
  • 一方がISDN環境でもう一方がIP環境という場合には、(H.320やH.323という国際標準規格に準拠しているシステムであれば)GateWay装置を使えば接続できる。
    • ISDNからIPの移行期でもある現在は、GateWayの果たす役割が重要。
    • 既にFOMAなどの3G携帯とH.323のGateWay装置も製品化されている。(外出先あるいは出張先から、3G携帯を使ってテレビ会議に参加できるようになる)
    • 機種や規格が違うから会議に参加できない、というようなことが今後なくなっていくと予想される。

ISDNの特徴

  • ISDNは回線品質が保証されているネットワーク。
    • インターネットのようにベストエフォードではなく、NTTの『INS1500』なら1.5Mbpsが必ず確保される。(映像や音声が安定する)
  • 従量課金のため、接続時間に応じて費用がかかる。

IPネットワークについて

一口にIPネットワークと言ってもいくつかの種類があり、品質保証もコストによって異なる。(回線品質が保証されているサービスもある)
インターネットはコストは低いが、ベストエフォード型で品質は保証されない。

IPネットワークの種類※詳細は次セクションにて

  • IPネットワークにもいくつかの種類がある。(下記はその一例)
    • IP-VPN : 通信事業者の保有する閉域IP通信網を介して構築された仮想私設通信網(VPN)のこと。
    • 広域LAN : 同一収容局内エリアをLANで接続できるサービスのこと。
    • インターネット : ブロードバンド化と低価格化が進んでいるが、品質保証が一切ない。
  • 品質保証もコストによって異なる。

インターネットの特長

  • 低コストかつ通常は月額固定であり、コスト管理もしやすい。
  • ベストエフォード型で品質は一切保証されていない。(映像や音声が安定しない)

IPネットワークに主流が移行した理由

  • ブロードバンドの普及で、IPの回線品質が格段に向上した。
  • 接続時間に関係なく定額コストである。