ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
導入から運用まで
導入から運用まで

第1部テレビ会議導入検討編その3.テレビ会議のデモンストレーション1【回線スピードと音声】

第1部導入検討編

その3.テレビ会議のデモンストレーション1【回線スピードと音声】

*このコンテンツには連載当時(2007~2009年)のままの情報が含まれます。ご注意ください。

その日の朝、出社した曽我蔵(そがくら)くんがメールをチェックしてみると、先日「リプレイス」について問合せのあったお客様からの連絡が入っていた。 急いでメールを開いてみると、現在お客様が使用しているテレビ会議の構成とその不満点、今後のテレビ会議運営希望構成などが記載されている。曽我蔵(そがくら)くんは、ううむと唸った。

デモンストレーションが最新システムを理解する早道

曽我蔵くんと川崎さん
川崎さん
「曽我蔵(そがくら)くん。眉間に皺が寄ってるよ。ため息や眉間の皺は、円滑に仕事を進める上で最大の障害になるって知ってた?」
曽我蔵くん
曽我蔵くん「あ。おはようございます、川崎さん。実は、リプレイス希望のお客様からお返事をいただいたのですが……」
川崎さん
「へえ。どれどれ? 」

曽我蔵(そがくら)くんは、川崎さんにお客様からのメールの内容を説明した。

現在の構成と環境
  • 導入時期:5年前
  • 接続地点:東京本社←→大阪支社(2拠点)
  • 会議参加者:東京10名・大阪7名
  • テレビ会議の利用目的:役員会議・部門長会議
  • 通信環境:ISDN 128kbps
  • 映像出力は29インチのブラウン管テレビを使用
  • 音声出力もテレビのスピーカーを使用
不満点
  • ISDNの通信費が結構かかる
  • 音声のレスポンスが悪く国際電話でしゃべっている感覚があり、会話のキャッチボールが成立しにくい
  • 音声が悪い
今後の要望・希望
  • 接続拠点数は東京(10名)・大阪(7名)・名古屋(5名)・福岡(4名)
  • 4拠点同時接続を希望
  • 通信環境は社内LAN(VPN)で運営したい
  • テレビ会議の利用目的:役員会議・部門長会議・営業会議・その他ミーティング
  • 利用頻度は、役員・部門長会議が月2回、営業会議が週1回、その他ミーティングは不定期
  • 会議で使用するエクセルやパワーポイントのデータも送受信したい
川崎さん
「かなり具体的な内容だね。真剣に検討していただけているようじゃないか」
曽我蔵くん
「はい。ですが、まだ、最新のテレビ会議システムをご紹介していない段階なので、お客様が最新システムに対してどの程度理解した上で要望を出してくださっているのか、いまいち把握できないんです」
川崎さん
「なるほど。それで曽我蔵(そがくら)くんはあせっているというわけだ。
それはやっぱり、デモをご覧いただくのが、一番いいんじゃないかな 」
曽我蔵くん
「やはりそうですよね。
実際に最新のテレビ会議システムを見ていただいて、理解してもらった上で話を進めることにします」

曽我蔵(そがくら)くんは、さっそくお客様をデモンストレーションに招待することにした。

回線環境や遅延状況、臨場感など、5年前から向上した点は多い

そしてデモンストレーション当日。
快く来社してくださったお客様を前にして、曽我蔵(そがくら)くんは緊張しながらもデモをスタートした。

曽我蔵くん
「システムを提案させていただく前に、皆様が現在抱えている問題点が、最新システムではどう変わるのか、どう解決されるのかをご説明させていただきます。
まずは、ISDN通信のため、通信費がかかるという問題です。 今後は、社内LAN(VPN)での運用を検討されているそうですが、VANになれば通信費はゼロになります。(プロバイダ等の月々固定費用は発生します)
また、VPN内での運用ならば、ローカルアドレスをテレビ会議システムに割り振って使用できますし、セキュアな環境なのでプライバシーも守れます。

ただし、社外(VPN外)との通信を行うのであれば、グローバルアドレスを取得して運用する必要があります。また、もし接続先がISDNでしかつながらない場合には、現在使用されているISDNでの通信を行っていただくことになります」
お客様
「通信費がゼロになるのは嬉しいですね。
社外とのテレビ会議接続は考えていないので、社内LAN(VPN)での運用で検討したいと思います」
曽我蔵くん
「次に、音声のレスポンスが悪く国際電話でしゃべっている感覚があって、会話のキャッチボールが成立しにくいことと、音声が悪いことについてご説明します。
現在の最新システムは、音声遅延がかなり短くなっています。そのため、会話のレスポンスもあがっていて、臨場感のある会話ができます。さらに会議参加者の声もクリアに聞こえますから、今まで感じていた音・音声によるストレスも、かなり改善されたといえるでしょう。
実際に、弊社の大阪支店のテレビ会議システムに接続して、品質などをご確認いただきたいと思います」

曽我蔵(そがくら)くんは机上のリモコンを手に取った。実は以前と比べると、接続操作も格段に簡単になっているのだ。曽我蔵(そがくら)くんは、それもお客様に実感していただきたいと考えている。

曽我蔵くん
「それでは、リモコンを使ってアドレス帳機能を操作し、大阪支店と接続してみましょう。
以前はパソコンのキーボードを利用して操作するような端末もありましたが、現在ではリモコンから操作できる端末がほとんどです。また操作も非常に簡単で、誰にでも操作できます。
リモコンを見ていただくと、携帯電話とほぼ同じボタン構成になっていることがお分かりになると思います。電話をかける「発信ボタン」、通信を終了する「切断ボタン」、「アドレス帳のボタン」などがアイコンで表示されているので、何のボタンなのかひと目で分かりますよ」
リモコンの違い

各メーカーのテレビ会議用リモコン

回線スピードと端末性能の向上により音声・映像品質が進化

曽我蔵くん
「では大阪とつなぎます。まず、アドレス帳ボタンを押してアドレス帳を開き、接続先を選んで発信ボタンを押します。今日は大阪支店を選択しますね」

接続音とともに、モニターに大阪支店の小川さんの顔が映し出された。小川さんはモニターの向こうで満面の笑顔を浮かべ、「こんにちは! 大阪支店の小川と申します。 本日はよろしくお願い致します」と挨拶した。

お客様
「へえ。確かに音も画質もきれいですね。臨場感があるというか、今までのような違和感はあまり感じませんね」
曽我蔵くん
「本日のデモでは、弊社のIP VPNを利用した回線接続でご覧いただいています。現在の回線スピードは768kbpsで、普段我々がテレビ会議を利用して社内ミーティングを行ったりするときのスピードと同じ帯域です。現在、皆様が通信されているISDN 128kbpsの6倍のスピードになりますね。
では少し大阪の小川さんと話をしてみたいと思います」
お客様
「コスト面もダウンできて、より便利に快適にテレビ会議システムを使うことが出来るなら、是非とも新しい機器を導入したいですね。一度デモに伺うように、前向きに検討してみます。その後で、弊社の環境の確認をお願いするかもしれません」

回線スピード768kbpsでの映像・音声品質

曽我蔵くん
「言葉では表現しにくいですが、実際このように実機で体感いただくと一目瞭然ですね。
それでは、念のため 現在ご使用いただいている128kbpsでの通信クオリティーを御覧いただき、両方を比べて頂きたいと思います。
では大阪の小川さん、一度切断して128kbpsでもう一度接続しなおします」
小川さん
「はい。了解いたしました」
曽我蔵くん
「それでは帯域を128kbpsに変更して、再度大阪に接続してみます」

曽我蔵(そがくら)くんはもう一度リモコンを操作し、128kbpsで大阪と接続した。

小川さん
「ふたたび大阪支店の小川です。
先ほどの映像・音声とも品質の違いがお分かりになりますか?」

回線スピード128kbpsでの映像・音声品質

曽我蔵くん
「いかがですか? 接続スピードによって、品質がこれだけ変わるのがご覧いただけたかと思います」
お客様
「なるほど。確かに映像も音声も、先ほどより劣化しますね。でも、現在の弊社の状況と違って、音声遅延は全く感じられないと思います。新しいシステムになるだけで、こんなによくなるものなんですね」
曽我蔵くん
「はい。端末性能が向上した点も大きいですね」

お客様が音声品質について触れたことに気づき、曽我蔵(そがくら)くんは用意しておいたマイクを手に取った。

1 2 3 4 5 6