ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
テレビ会議用語集 トップ画像
テレビ会議用語集 トップ画像

テレビ会議用語集4CIF(4 x Common Intermediate Format) [読み方:ヨンシフ、ヨンシーアイエフ]

4CIF(4 x Common Intermediate Format) [読み方:ヨンシフ、ヨンシーアイエフ]

ITU-Tが定める、テレビ会議で利用する解像度のひとつ。解像度は704x576ピクセルで、CIF(352x288)の縦横倍密度にあたる。 
以前は高解像度伝送のデファクトスタンダードであった。現在はより高解像度なXGA(1,024x768ピクセル)のネイティブ送信が可能になってきたので、PC/RGB系映像の伝送はそちらに取って代わられた。 
現在ではスナップショットや(アナログの)書画カメラからの映像を送るのに利用される。かつては静止画のみの伝送が多かったが、最近はこの解像度のまま動画を送受信することができるようになってきた。 
4SIFとの区別を明確にするために、「ヨンシーアイエフ」と呼ぶこともある。

関連用語