ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
テレビ会議用語集 トップ画像
テレビ会議用語集 トップ画像

テレビ会議用語集G.711

G.711

1972年にITU-Tが標準化した音声符号化方式(プロトコル)。周波数帯は300Hz-3.4kHzで、電話と同程度の音質。伝送レートは64kbps。
メリットは、相互接続性が高いこと(低帯域用であるH.324以外のH.300シリーズのシステムでは必ずサポートされる)で、デメリットは、音質のわりに帯域を多く使う点。
同じ周波数帯で伝送レートを少なくした(=高圧縮)の音声符号化方式(G.723.1、G.728、G.729)、あるいは帯域はほぼ同じでより高音質な音声符号化方式(G.722、G.722.1、G.722.2、G.718、G.719)がすでに標準化されている。

関連用語