ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
テレビ会議用語集 トップ画像
テレビ会議用語集 トップ画像

テレビ会議用語集H.239

H.239

テレビ会議で、2つ以上の映像を同時に送受信するためのITU-T勧告。
以前は、各メーカーが独自モードで同じ機能を実装していたが、異メーカー間での相互接続性の向上のため、2003年に国際標準化された。参加者像とPC画面を同時に送って表示する機能は、Duo Video、Dual Video、Dual Stream、People+Contentなどと呼ぶ製品もある。
H.239では、複数映像の役割(参加者の様子を伝える、PC表示画面を提示する、などのrole)を示すための仕組みと、ISDN上のH.320システムではどのビット位置で第二以降の映像を送るか、を規定している。なお、IP上のH.323システムでは、もともと複数のメディア情報を送る仕組みが定められているため、H.239では役割情報の規定のみが該当する。
第一の主映像チャネルは参加者像を送るために使われるが、追加の第二映像チャネルはLive roleの場合とPresentation roleの場合がある。前者は参加者を撮して主映像の補助をする。双方向の映像伝送が行われ、複数端末が同時にこのroleで送信可能である。後者は、トークン(送信権)管理をして、一つの端末からのみ全参加者が見るべきコンテンツ映像をすべての端末に配信する。映像の流れは片方向で、PC画面を用いたプレゼンテーションが典型例である。

関連用語