ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
テレビ会議用語集 トップ画像
テレビ会議用語集 トップ画像

テレビ会議用語集RGB

RGB

通常はPCなどからの映像信号を総称する。三原色Red、Green、Blueの頭文字をとったもの。すべての映像情報は、テレビ会議システム内ではRGB信号に変換される。PCやプロジェクタに対してはミニD-Sub15端子・ケーブルを利用したアナログRGBで伝送する。テレビモニターに対しては、RGB信号を輝度信号(Y信号)と色信号(C信号)に変換する。このとき、輝度信号と色信号を混合して伝送するコンポジット方式、輝度信号と色信号を分けて伝送するセパレート方式、輝度信号と色信号(赤)、色信号(青)の3つに分けて伝送するコンポーネント方式がある(こちらはRGB方式とは普通いわない)。
テレビ放送などはコンポジット信号で伝送され、テレビ受像機内でY/C分離してモニターに表示する。テレビ会議システムでは、コンポジット方式あるいはセパレート方式を主に利用する。アナログ信号としてRGBを流すときはアナログRGB、デジタル信号としてRGBを流すときはデジタルRGBと呼ぶ。