ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
コミュニケーションについて
コミュニケーションについて

ビジュアルコミュニケーションを学ぶコミュニケーションについて

コミュニケーションについて

コミュニケーションについて

コミュニケーション

コミュニケーションとは「意思疎通」や「伝達」を表す英語表現で、情報や意思・意向を誤解なく伝達・交換し、互いにわかりあえることを指すようです。
昨今はコミュニケーション能力の高い人が就職に有利などという話も聞かれますが、確かに、自分の言いたいことがきちんと相手に伝わり相手の言いたいことを正しく受け止めることができれば、仕事の効率もあがって良いアイデアも生まれます。

コミュニケーションにはさまざまな形があります。文字を使ったメールや写真やコメントを共有するSNSなどがありますが、最も多いのは相手と対面で会話する方法でしょう。
このFace to Faceで行うコミュニケーションが最上と言われていますが、その理由の一つは会話とともに非言語コミュニケーションと言われる情報が共有できるからです。

非言語コミュニケーション

非言語コミュニケーション

非言語コミュニケーションとは会話以外から得られる情報を指します。具体的には「服装などの外見」、「表情」、「身振り手振り」、「視線」、「姿勢」、「話す速度」などがあげられます。 私たちは時には無意識のうちに視覚や聴覚からこれらの情報を得て、相手の様子を判断して対応を行っていると言われています。
電話やメールだけのコミュニケーションで時々誤解や勘違いが起こるのは、これらの情報を得られないことも一因ではないでしょうか。
特に表情は世界共通で相手の感情を読み取る情報として重要視されており、顔を見て話しをするFace to Faceは、表情を読みとることができる唯一のコミュニケーション手段です。

Face to Faceを代用するビジュアルコミュニケーション

Face to Faceの代用

テレビ会議・Web会議などのビジュアルコミュニケーションは、最上のコミュニケーション手段であるFace to Faceに代わる、唯一のコミュニケーション手段です。
相手の様子や表情を見ながら会話ができ、時には資料を共有しながら説明を受けることができるので、会話以上の情報を得ることができます。
但し、対面コミュニケーションと同等のことができるため、映像や音声の乱れが逆にストレスになる場合がありますので、テレビ会議製品やWeb会議サービスの選定に注意を払う他、会議室やネットワーク環境の構築にも気を配ることをお勧めします。

Face to Faceの環境を完璧に再現できれば、遠隔地とも良質なコミュニケーションをとることができ、仕事の効率化や遠隔地の人々と共同でイノベーションを生み出すことができます。