ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
VidyoRouter VE

Vidyo(ヴィディオ)製品情報VidyoRouter VE

Vidyo(ヴィディオ)

VidyoRouter VE

Vidyo会議の多地点接続を制御

VidyoRouter VE

Vidyo会議の多地点接続を制御するソフトウェア。各拠点からの映像・音声データの最適化とルーティングを行い、各拠点のネットワーク状況や利用する端末に応じて最適なデータ通信を行う。VMware®ESXi™上で動作し、仮想インフラストラクチャにしか実現できないようなフレキシブルな配備が可能。HD接続による同時接続数25または100の2つのレベルから選ぶことができ、同時接続数の分散、トラフィックの集約や仮想VidyoRouterとのVidyoLine接続の共有が可能。お持ちのVM環境があれば、ソフトウェアをインストールするだけですぐに利用可能。

  • ソフトウェア
  • 4K
  • フルHD1080p
  • H.264SVC
  • PC混在会議
  • AES暗号

標準価格 : オープンプライスお見積無料

特長

全てのポートがHD対応
  • UHD1440p(受信)、720p/1080p(送受信)
  • 同一会議に入れるHDポート数は最大で100ポート
最大同時接続数
  • VidyoRouter VE 25:最大25
  • VidyoRouter VE 100:最大100
柔軟な運用
  • 物理アプライアンスと仮想アプライアンスを自由自在に組み合わせて運用
VidyoPortalと連携して動作し、ライセンス管理が簡単

※VidyoPortalと連携して動作するため、VidyoPortalが必須

映像音声ストリーム劣化なし(トランスコードなし)
  • 映像の再校正処理(トランスコード)を行わないため、遅延が携帯電話並に少なく
    映像処理による劣化がほとんどなし
リアルタイム最適化
  • 帯域変化やネットワーク、端末CPUの状況を即時検知し、即時に対応
  • 1対1接続でも多地点接続でも、エラー耐性機能と異速度通信が可能
Firewall/NAT/WebProxyトラバーサル対応

※WebProxyトラバーサル対応はVidyoDesktop接続時のみ

VidyoRouterの遅延解消技術
  • 従来のMCUで行われていた映像・音声データの解凍→合成→圧縮の3つの処理を削除して遅延を解消
VidyoRouterの遅延解消技術