テレビ会議活用事例紹介 インターネット広告サービス会社様

広告インターネット広告サービス会社様

【データ】
従業員数 約1,200名
国内営業所14拠点、海外営業所2拠点(中国)

 

主要会議室すべてにテレビ会議システムを導入。
社員が利用しやすい環境を整え、打合せや社内研修などにも活用

SONY製SD対応テレビ会議システムPCS-1(*1)の内蔵多地点機能を活用して複数拠点のテレビ会議を開催していた。テレビ会議が社内に浸透するとともに接続拠点数も徐々に増えていき、内蔵MCU機能の接続拠点数に限界を感じていた。そこで、接続拠点の増加と管理・運用機能の充実化を図るため、テレビ会議環境の見直し案を受け入れ、SONY製SD端末およびSCOPIA MCUを増設した。
それぞれに選定理由があり、端末は既存端末と同メーカーにすることで操作性の統一を優先し、MCUはネットワークの都合でSIPとH.323接続の混在会議を実施するため、SONY製MCUではなくSIP接続をサポートするSOCPIA MCUを採用した。専用MCUを導入することで接続拠点数の問題解決だけではなく、複数の会議を同時に進行できることや予約機能など管理者・ユーザーの負担軽減にもつながった。
また、新規端末30台を本社および支社の主要会議室すべてに設置し、社員が気軽にテレビ会議を使える環境を整えた

主な用途は、朝礼・15拠点(会議室)を接続する全体会議・打合せ・社内研修などだが、会議室が空いていれば自由に活用できるので、以前は電話で行っていたような担当者間の打合せレベルのこともテレビ会議で顔を見て話せるようになった。また、資料共有機能を利用することでお互いの理解をより深めることができ、業務の効率化と時間短縮につながっている。

前回の導入時と比較してテレビ会議システムが安価になっているため導入コストを抑えることができた上、映像技術の進歩により画像品質も格段に良くなった。

*1 PCS-1は販売終了製品です。

 

インターネット広告サービス会社様 導入機種

  • SONY SD端末×30台
  • SCOPIA MCU ×1台

テレビ会議システム構成図

この事例にご興味ある方は、詳細をご説明させていただきます。
お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

  • お問い合わせはこちらから
  • お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-880-576