テレビ会議活用事例紹介 化学薬品製造会社様

製造化学薬品製造会社様

【データ】
従業員数 600名
拠点数 国内6拠点、海外3拠点

 

HDシステムへのリプレースで、コミュニケーションの質が向上
社内コミュニケーションにおいて、なくてはならないツールに

某化学薬品製造会社様では、以前から出張費・時間削減を目的に、遠隔拠点同士のコミュニケーションツールとしてテレビ会議システムを活用されていました。 導入から7年ほど経った頃、使用していたシステムが老朽化によりたて続けに故障してしまったことをきっかけに全拠点でのリプレースを決定しました。

同社では、全国6拠点を接続したテレビ会議を開催していたため、6拠点以上での多地点接続会議が可能であることが必須条件でした。以前使用していたメーカーのテレビ会議システムの上位機種も検討しましたが、同時接続できる拠点数が6拠点には対応しておらず、別メーカーの6拠点以上での接続に対応したシステムを新たに探すことになりました。そして、6拠点接続に対応している3メーカーのHD対応テレビ会議端末を候補に選び、デモンストレーションによる比較・検討を行いました。 そして、担当部署の役員や同社代表取締役の立会いのもとデモンストレーションを行った結果、6拠点での同時接続が可能で、且つ3機種の中で一番納得のいく映像・音声品質を出すことができたLifesize社のテレビ会議システムに決定。多地点接続機能に対応しているLifesize Room 200を本社に、その他の国内拠点にはLifesize Express 200を導入しました。

Lifesize Room 200は、最大6拠点までの同時接続会議が可能です。 現在同社では、国内の全拠点を接続した全社会議や、各拠点間の会議・打ち合わせに利用しているほか、海外支社との打ち合わせにもテレビ会議を活用されています。同社が以前利用していたテレビ会議システムがSD画質対応の端末だったこともあり、HDシステムの画質の良さには大変驚かれたそうです。画質がHDに変わったことにより、相手の表情がよくわかるようになり、コミュニケーションがより深まったとご評価頂きました。

その他に、Lifesize Room 200、Lifesize Express 200の両機種には、以前利用していたシステムには搭載されていなかったXGA送信機能が搭載されています。この機能が利用できるようになったことにより、書画カメラやPC画面の共有が可能になり、会議の充実度も向上させることができ、今まで以上にテレビ会議が同社にとってなくてはならないコミュニケーションツールとなりました。

今後は、HD品質のテレビ会議システムにあわせネットワークを検討しなおし、テレビ会議環境をさらに整えていく予定です。

 

化学薬品製造会社様 導入機種

  • Lifesize Room 200 多地点接続機能オプション搭載 ×1(本社)
  • Lifesize Express 200 ×5

テレビ会議システム構成図

この事例にご興味ある方は、詳細をご説明させていただきます。
お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

  • お問い合わせはこちらから
  • お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-880-576