テレビ会議活用事例紹介 電気機械メーカー様

製造業電気機械メーカー様

【データ】
従業員数 2000名
拠点数 60拠点

 

グループ内のコミュニケーションツールとしてテレビ会議システムを活用

国内外に幅広く工場・営業拠点をかまえる某電気機械メーカー様は、各拠点間のコミュニケーション円滑化を図りテレビ会議システムを導入されました。
当初導入していたテレビ会議システムは、IP通信に対応しておらず、テレビ会議での会議・打ち合わせ回数が多い同社にとって通信費が大きな課題となっていました。また、音声・映像品質への不満や、MCUを使わずに手軽に多地点会議を開催したいといったリクエストも社内からあがっており、それらの課題・要望に対応するためにテレビ会議システムのリニューアルを開始しました。

そして検討を重ねた結果、旧システムを上回る、音声・映像品質が出せていたCisco TelePresenceシステムの導入が決まりました。テレビ会議端末からネットワーク機器まで充実したラインナップを持ち、同社のテレビ会議IP化に向いていたこと。そのラインナップには、管理用ソフトウェアTMS(Telepresence Management Suite)があり、多数のテレビ会議端末を一元管理することができる点が決め手となりました。

システムリニューアル後は、テレビ会議用のネットワークをIPに切り替えたことで、通信コストの大幅な削減に成功しただけでなく、低コストで通信スピードの増速が可能になり、映像・音声の品質も向上しました。また、TMSを導入したことにより、各拠点のテレビ会議端末の管理が容易になり、さらにはテレビ会議システム未導入拠点への大量増設に踏み切ることができました。
そして、多地点接続機能を搭載したシステムの導入により、気軽に多地点接続会議を開催できるようになり、3拠点以上でのテレビ会議が活発に行われるようになりました。その他にも、旧システムには搭載されていなかった、PC画面共有機能が使えるようになったことにより、テレビ会議での会議内容がより充実したものとなりました。

今後は、取引先・協力会社など社外のテレビ会議システムとのIP通信機能を強化するとともに、各拠点のテレビ会議システムをHD化していく方針です。また、通常会議をテレビ会議に置き換えることを目的に、順次テレビ会議端末を増設・HD化を進めていく予定です。

 

電気機械メーカー様 導入機種

テレビ会議システム構成図

この事例にご興味ある方は、詳細をご説明させていただきます。
お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

  • お問い合わせはこちらから
  • お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-880-576