テレビ会議活用事例紹介 精密機械製造会社様

製造業精密機械製造会社様

【データ】
従業員数 3000名
拠点数 150拠点

 

国内・海外のコミュニケーション活性化を実現

国内・海外に拠点・取引先をもつ精密機械製造会社様では、拠点間やお客様との打ち合わせのための出張が多く、出張及び出張費削減が課題となっていました。
これらの課題を解決するために、テレビ会議の導入検討をはじめました。

同社では、海外でもテレビ会議を導入できるメーカーの製品で且つ、映像音声、通信において品質が確保できるシステムをお求めでした。
そして、同社のニーズにかなっていた製品がCisco社のテレビ会議システムでした。
同社がCisco社を選んだ理由は、3点挙げられます。まず、Cisco社には、メーカーを経由して一括決済でテレビ会議システムを購入できる、海外導入プログラムがありました。※
このプログラムを利用することで、海外の拠点にテレビ会議を導入することができ、万が一トラブルが起こっても現地にてサポート対応が可能です。

次に、操作性と音声・映像品質の良さでした。同社では、複数のメーカーの製品を比較しましたが、他のメーカーのテレビ会議システムよりも音声・映像の品質が高く、リモコンの操作感がとても良いと評価いただきました。

そして3つ目の理由は、製品ラインナップの豊富さでした。同社は世界規模でビジネス展開をしており、通信条件は国や場所によって大きく異なります。世界規模でのテレビ会議導入を検討されていた同社にとって、ISDN・IP接続や多地点接続など、同社のニーズをかなえる製品ラインナップが揃っていました

導入後の効果について精密機械製造会社様では、第一に国内・海外での出張回数が減ったことをあげられています。最初に数台テレビ会議システムを設置してみたところ、社内でその便利さが認められ、テレビ会議を利用する習慣が浸透。社内でもポピュラーなビジネスツールとなり、役員会議をはじめ、本部長会議・部門会議・担当社会議、取引先との会議など幅広い用途で利用されています。
現在では、国内・海外の全ての拠点にテレビ会議を設置しているため、どの拠点にいても必ずテレビ会議に参加できます。その他には、作成中の納品前商品をテレビ会議を通してお客さまに見ていただき、詳細な仕様確認ができるようになりました。また、お客さまとの打ち合わせの回数が増え、製品開発のスピードアップにつながりました。

今後は、会議用途だけでなく、社内教育ツールとしてもテレビ会議を活用していく予定です。

 

精密機械製造会社様 導入機種

  • Cisco Telepresence 550 MXP
  • Cisco Telepresence 770 MXP
  • Cisco Telepresence1000 MXP
  • Cisco Telepresence MPS-200
  • Cisco Telepresence Gatekeeper
  • Cisco Telepresence BorderController
  • Cisco TelepresenceManagement Suite(TMS)

テレビ会議システム構成図

この事例にご興味ある方は、詳細をご説明させていただきます。
お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

  • お問い合わせはこちらから
  • お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-880-576