カスタマイズ保守サービス事例 工業薬品製造会社様

カスタマイズ保守サービス工業薬品製造会社様

【データ】
従業員数 約1,600名
国内拠点9拠点、海外拠点7拠点(アメリカ・ドイツ・中国・タイ・イギリス)

 

「国内・海外拠点の端末の一括コールサポート受付」サービスを導入
海外での障害にも、VTVジャパンが直接現地ユーザーとの対応をおこなう

 工業薬品製造会社様は、他社ベンダーより国内6拠点にSONY社製テレビ会議システムを、海外支社3ヶ国にLifesize社製テレビ会議システムをそれぞれの国のベンダーより導入し、テレビ会議を活用されていました。

 国内はすべて同メーカーで揃えていたので問題はなかったのですが、他メーカーのLifesizeを利用する海外拠点との接続の際、一部の機能に障害が発生するという問題を抱えていました。この障害について、国内・海外のそれぞれの購入先ベンダーに問い合わせても、原因がはっきりせず障害があるままご利用されていました。

 VTVジャパンでは、工業薬品製造会社様よりシステム増設のご相談をいただいたことをきっかけに、テレビ会議システム全体の構成見直しと、国内・海外一括のサポート受付をご提案しました。
異メーカー間での接続時の障害と、購入先がばらばらのため不具合時にシステム全体をみてサポートしてもらえないという問題が解決できるとして機器構成の見直しに伴うシステムの導入と、新規・既存システムの一括保守サービスにご加入いただきました。
 海外との接続障害については、システム増設に伴い導入した専用MCU経由で接続することで問題を解決することができました。

 現在、「国内・海外拠点の端末の一括コールサポート受付」という個別保守サポートをご提供、海外拠点での障害に対しても、全拠点のシステムを把握しているVTVジャパンのサポートデスク担当が、お客様現地担当者へ直接連絡し、障害の切り分けにあたっています。

 

工業薬品製造会社様 導入保守サービス

  • カスタマイズ保守サービス

    「国内・海外拠点の端末の一括コールサポート受付」

国内6拠点は他販売代理店から購入したSONY社製テレビ会議システムを、海外拠点は現地販売代理店から購入したLifesize社製テレビ会議システムを活用。
SONY
国内と海外とのテレビ会議で一部機能に異メーカー同士の接続性に起因すると思われる障害が発生。
国内拠点、海外拠点で購入元が異なるため、保守窓口が複数あり、原因の特定が困難。障害を継続したまま運用中。
障害は新規導入の専用MCU経由での接続で解消。他社から購入した既存機器のコールサポートも含め、一括受付。
海外拠点の障害には、お客様現地担当者と直接連絡を取り合い、接続テストを実施するなどして問題解決にあたる。

この事例にご興味ある方は、詳細をご説明させていただきます。
お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

  • お問い合わせはこちらから
  • お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-880-576