推薦図書テレビ会議とはトップへ

推薦図書

ここでは、ビジュアルコミュニケーションや会議の勉強に役立つ書籍をご紹介しています。
ライン
インプレス標準教科書シリーズ
「H.265/HEVC教科書」

定 価 (本体¥4,700+税)

監修者: 大久保 榮

編 集: 鈴木 輝彦、高村 誠之、中條 健

発 行: 株式会社インプレスジャパン

発 売: 株式会社インプレスコミュニケーションズ


現在、スマートフォンやタブレット端末、デジタルテレビなどで使われているH.264/AVC技術の2倍の圧縮率を実現する、最新の動画像圧縮符号化標準「H.265/HEVC」の解説書です。
今後、H.264/AVCなどの既存の動画像符号化技術では難しいと思われていたような、より大幅な圧縮が必要な製品開発や商品開発に携わる方々には、大いに役立つ一冊です。

ライン
「バウンダリーチーム・イノベーション
    境界を超えた知識創造の実践」

定価 (本体¥2,600+税)

著 者: 児玉 充

発 行: 翔泳社


人間とICTの相互作用による「暗黙知」と「形式知」の関係や企業内外における組織間及び知識間のバウンダリーを超えたビジネスプロセスの変革についてなど、組織論をダイナミックに解説した経営マネジメント層の方の必読書です。

ライン
インプレス標準教科書シリーズ
「改訂三版 H.264/AVC教科書」


定価 (本体¥4,200+税)

監 修: 大久保 榮

編著者: 角野 眞也、菊池 義浩、鈴木 輝彦

発 行: 株式会社インプレスR&D

発 売: 株式会社インプレスコミュニケーションズ

*電子書籍も発売中!libura PRO


「H.264/AVC教科書」の改訂三版が発売されました。H.264/AVCにおける新しいSVC(スケーラブル映像符号化)規格とMVC(多視点映像符号化)規格を追加。放送/通信業界の技術者には、必読の一冊です。

ライン
要点チェック式「H.323/MPEG-4教科書」

定 価:(本体¥4,700+税)

監 修:大久保 榮 / 川島 正久

MCR編

発 行:IEインスティテュート

発 売:シーブック24ドットコム


VTVジャパン 技術戦略アドバイザー 大久保先生の本が、NTT情報流通プラットフォーム研究所の主任研究員、川島正久氏との共同監修で発売中。
インターネットによる音声/映像配信の基礎と実践を解りやすく解説。ブロードバンド時代を迎えたマルチメディアの格好の手引き書です。

mark01大久保先生の関連ページはこちら

ライン
画像・メディア工学
画像・メディア工学

定 価: (本体2,900円+税)

著 者: 吹抜 敬彦

電子情報通信学会 編

発 行:コロナ社


「技術教室 - 第一回 動画伝送技術」関連の参考書です。画像情報の性質、その信号処理、画像機器などについて、基礎的説明が得られます。

ライン
  • お問い合わせはこちらから
  • お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-880-576

目次

  • FaceBook
  • twitter
  • LinkedIn
  • お電話でのお問い合わせ・ご相談 フリーダイヤル:0120-880-576 平日9:00〜17:30(土日祝除く)
  • ホームページからのお問い合わせ

取扱メーカー

  • Polycom(ポリコム)
  • SONY(ソニー)
  • Avaya(アバイア)
  • Vidyo(ヴィディオ)
  • Cisco(シスコ)
  • Lifesize(ライフサイズ)
  • Pexip(ペクシプ)
  • BlueJeans(ブルージーンズ)
  • anet(エイネット)