ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
テレビ会議用語集 トップ画像
テレビ会議用語集 トップ画像

テレビ会議用語集UCIF Mode [読み方:ゆーしふ・もーど]

UCIF Mode [読み方:ゆーしふ・もーど]
UC Mode [読み方:ゆーしー・もーど]

UCIFが定めた符号化モード仕様を意味し、UCIF仕様文書では"UC Mode"と表記されている。
H.264 AVC (Advanced Video Coding)とそのスケーラブル拡張であるSVC (Scalable Video Coding)のパラメータを選んで、相互接続性の向上を図ることを目的にしている。UCIFでは、実現するスケーラビリティ機能に応じ、次のモードを定めている。

  • Mode 0
    H.264 AVCの基本である単層符号化で、I(フレーム内符号化)ピクチャとP(フレーム間符号化)ピクチャからなる。スケーラビリティ機能はない。
  • Mode 1
    時間スケーラビリティ拡張層のみを有する。時間解像度は階層数に応じ2の冪乗(2, 4, 8, ...倍)になっていて、拡張層のPピクチャは下位層のI/Pピクチャから予測して作る。
  • Mode 2q
    qはqualityを表す。時間スケーラビリティに加え、SNRスケーラビリティの拡張層を有する。
  • Mode 2s
    sはspatialを表す。時間スケーラビリティに加え、空間スケーラビリティの拡張層を有する。
  • Mode 3
    時間、空間、SNRすべてのスケーラビリティに対する拡張層を有する。

これらのモード定義では大は小をかねる構造になっていて、Mode 3の符号器はMode 2, 1, 0のストリームも生成できなければならない。同様に、Mode 2の符号器はMode 1, 0のストリームも、Mode 1の符号器はMode 0のストリームも生成できなければならない。