テレビ会議とはテレビ会議とはトップへ

テレビ会議の活用例

テレビ会議システムと聞くと「会議を行うためだけの専用ツール(会議にしか使えないツール)」とイメージされることが多いかもしれませんが、会議は勿論、会議以外でもさまざまなシーンで活用されています。
たとえば遠隔地とのミーティングやディスカッションなどは、テレビ会議を利用すれば必要なときに即座に行え、リアルタイムな情報共有が可能になり、対面することでお互いの理解も深まります。遠隔教育では、一拠点に集まることが困難な場合でも、たくさんの生徒が一斉に遠隔地にいながら講義を受けることができます。
このようにテレビ会議システムは、遠隔地にいる相手と顔を見ながらリアルタイムに話ができる新しい “コミュニケーションツール“ です。また、別の映像ソースを使用することで、よりリアルで効率的なビジュアルコミュニケーションが実現します。
このページでは、自社のニーズに合った活用法をみつけていただく参考に、テレビ会議の活用例をご紹介いたします。

  • VTVジャパン
    テレビ会議活用事例
  • テレビ会議
    システム活用例
  • 効率的な会議のための
    映像ソース

VTVジャパンで実際に利用しているテレビ会議の活用法をご紹介します。

VTVジャパン活用事例:全体会議
mark03会議・打ち合わせ

全社員の情報共有における意識統一とコミュニケーションの活性化

ライン
VTVジャパン活用事例:全体会議
mark03常時接続

コミュニケーションツールとして、またコンプライアンスの取組みとして

ライン
VTVジャパン活用事例:全体会議
mark03在宅勤務

在宅勤務のデメリットを解決。機会損失を防いでコスト削減も実現

ライン
VTVジャパン活用事例:社内教育
mark03語学教育

英会話レッスンで語学力と社内コミュニケーションを同時に向上

ライン
VTVジャパン活用事例:社内研修
mark03外部研修

距離による機会損失を生まない。テレビ会議が生み出す意外な効果

弊社でテレビ会議を導入されたお客様のシステム活用方法をまとめました。

各種部門会議
意思決定会議
各種部門会議 ・社内拠点間営業会議
・生産会議
・商品企画会議
・デザイン会議など
意思決定会議 ・役員会議
・経営会議
・支社長・支店長会議など
方針発表会 
各種打ち合わせ
方針発表会・年始社長訓示
・新年度方針発表会
・株主総会
・経営方針演説など
各種打ち合わせ・部署内ミーティング
・社外との打ち合わせ
・朝礼・終礼など
遠隔授業・講義
イベント
遠隔授業・講義・大学・専門学校の授業
・社内勉強会
・講習会
・商品説明会など
イベント・年賀式
・表彰式
・記念式典
・商品発表会など

テレビ会議システムに別の映像ソースを組み合わせて使用することで、臨場感のある、効率のよい会議を行うことができ、円滑なコミュニケーションにつながります。

PC映像の送受信
PC映像の送受信

PCとPC映像の送受信できるテレビ会議システムを使って、簡単に資料を共有することができます。


mark03テレビ会議システムとPCとの連携

資料カメラ(書画カメラ)

資料カメラ(書画カメラ)資料カメラ(書画カメラ)を外部映像入力ポートに接続することで、立体物や紙資料も接続先と共有できます。
精密機械のパーツや細かい基盤などの立体物も拡大して表示できますので、工場と営業拠点でのコミュニケーション等に非常に効率的なツールとなるでしょう。

mark03テレビ会議システムとAVとの連携【映像編】

DVD・ビデオ映像配信

ビデオデッキやDVDプレーヤーをテレビ会議システムの外部映像・音声入出力ポートに接続し、DVD・ビデオ映像をプレゼンテーションに活用できます。その他ビデオカメラで撮影した映像を送受信することも可能です。

mark03テレビ会議システムとAVとの連携【映像編】

プロジェクタ

プロジェクタイベントやセミナーなど大人数に対応する時には大画面で映像を映し出すことが可能です。また、通常のモニターではデータが読みにくい場合に、大きく表示させることができます。(ただし、会場や会議室の照明環境に配慮が必要です。)

mark03テレビ会議とAVとの連携【映像編】

多地点機能(MCU)

多地点機能(MCU)テレビ会議に多地点接続装置(MCU)を追加すれば、1対1だけではなく複数拠点と同時接続できます。多地点機能(MCU)には、内蔵多地点接続機能を持った端末を使用する方法と、専用多地点接続機で構成する方法があります。

mark03テレビ会議システムの接続形態

  • お問い合わせはこちらから
  • お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-880-576