ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
EazyTouch(イージータッチ)
EazyTouch(イージータッチ)

VTVジャパン開発製品EazyTouch(イージータッチ)

VTVジャパン開発製品

EazyTouch(イージータッチ)

テレビ会議用カスタマイズ操作タブレットソフトウェア。

EazyTouch

EazyTouchは、「アドレス帳の一元管理」と「タブレットからテレビ会議端末操作」の2つの機能を提供するサーバーソフトウェアです。EazyTouchサーバーから共通のアドレス帳を配信、すべてのテレビ会議端末にいつでも最新のアドレス帳が登録されます。テレビ会議端末の操作はタブレットで簡単にでき、製品ごとに異なる複雑なリモコン操作から解放されます。

  • ソフトウェア

標準価格 : オープンプライスお見積無料

概要

EazyTouchとは
テレビ会議用カスタマイズ操作タブレットソフトウェアEazyTouch

テレビ会議用カスタマイズ操作タブレットソフトウェアです。EazyTouchを使えば、面倒なリモコン操作から解放され、分厚いマニュアルも不要になります。「テレビ会議を使えば移動せずに会議が出来て便利」なはずなのに、たくさんのボタンが着いたリモコンを操作するのは煩わしく感じるものです。EazyTouchならユーザーの必要な機能だけを直感的に操作出来ます。操作ガイドも画面に表示されるので、ユーザーがマニュアルを見ることも不要になります。

Polycom、ソニー、Avayaのテレビ会議端末のコントロールを統一
直観的に操作できるタッチボタン

テレビ会議端末を段階を追って増設したり、部署ごとにバラバラに導入してきたために複数の機種が存在してしまい、ユーザーが混乱してしまうケースがあります。端末ごとにリモコンやGUIが異なると、すべての製品の操作を把握するのは、管理側でもなかなか煩わしいものです。また、リモコンよりももっと直感的でわかりやすい操作を求めるユーザーもいます。
EazyTouchなら、機能を表したわかりやすい大きなボタンをタッチするだけで、どなたでも簡単に操作できます。また、各操作パネル毎に対応したヘルプ表示ボタンで、操作がわからなくなってもその場でマニュアルが確認できます。メーカーが用意した分厚くて細かい字のマニュアルはもう不要です。

EazyTouchタッチパネルで簡単操作

特長

マルチプラットフォームに対応
EazyTouchマルチプラットフォームに対応

テレビ会議を長年利用しているうちに社内にさまざまなメーカーのテレビ会議端末が混在するようになり、それぞれの操作をユーザーに覚えてもらわなければならない上に、サポート担当者も全機種を覚えなければならず管理者にとっては頭の痛い問題です。

EazyTouchはSONY PCSシリーズ、POLYCOM Groupシリーズ、Avaya XTシリーズに対応。これらの製品をすべて同じユーザーインターフェースで操作できます。誰でも操作しやすいタッチボタン式で、直感的に楽しく操作できます。

*上記以外の製品への対応についてはお問い合わせください。

アドレス帳管理
EazyTouchアドレス帳管理

拠点が増えたり引越したりするたびに必要になるのがアドレス帳のメンテナンス作業です。
管理者がそのたびに全拠点に赴く訳にもいかず、拠点担当者に毎回依頼しても負担になりますし、リモコンを使っての手作業では人為的ミスでトラブルになることもしばしばです。
EazyTouchなら管理サーバー側から一括で変換。修正作業も使い慣れたエクセルを使ってCSVファイルで行え、アップロード作業も簡単です。

マニュアル要らずのガイドとヘルプ機能
EazyTouchヘルプ機能

操作が判らなくなった場合にはヘルプボタンをタッチ。操作パネル毎に起こりやすいトラブルシューティングを参照できます。 不意のトラブル時にもサポートボタンですぐに連絡先を表示。ユーザーや管理者の手間を極力減らします。

アンドロイドタブレットを採用
EazyTouchアンドロイドタブレット

オープンソースの利点を活かし、ハードウェアに依存せずに使い続けることが可能です。開発環境が整備されているため、お客様のニーズに合わせたカスタマイズが可能です。

システム構成

EazyTouchシステム構成

お客様の環境に応じたカスタマイズ

クリアな音声でストレスのないテレビ会議を実現します。
マイクタイプも、ユーザーの会議室環境や使い方に合わせて使い勝手のよいタイプを選択でき、快適な会議を構築することができます。

EazyTouchの資料ダウンロード

テレビ会議端末操作タブレットソフトウェア EazyTouch(PDF 1,343KB)

EazyTouch資料ダウンロード

操作が判らなくなった場合にはヘルプボタンをタッチ。操作パネル毎に起こりやすいトラブルシューティングを参照できます。 不意のトラブル時にもサポートボタンですぐに連絡先を表示。ユーザーや管理者の手間を極力減らします。