ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
テレビ会議初心者ガイド
テレビ会議初心者ガイド

テレビ会議初心者ガイド14.テレビ会議システムとAVとの連携-映像編

14.テレビ会議システムとAVとの連携-映像編

テレビ会議システムと接続できる周辺機器のうち、映像に関するものを下記にまとめた。

※ 連載期間:2004年11月 ~ 2006年10月 *一部情報が連載当時のままのものがございます。ご了承ください。

ビデオやDVDのコンテンツを利用する

ビデオ映像をプレゼンテーションに活用したり、テレビ会議そのものを録画できる。

ビデオやDVDのコンテンツを使用する利点

  • ビデオ映像をプレゼンテーションに活用できる。
  • 遠隔授業・遠隔講習などで、ビデオ教材を送受信できる。
  • テレビ会議そのものを録画し、後日参照したり、資料として二次利用できる。
  • ビデオカメラで撮影した映像を送受信できる。

接続方法

  • テレビ会議システムの外部映像・音声入出力ポートに接続する。
    • テレビ会議システムの機種によっては、外部映像・音声入出力のポートが装備されていないものがあるので確認が必要。
  • 外部映像・音声入出力があれば、市販されているビデオデッキやDVDプレーヤーなどでも接続可能。
ビデオを使用したイメージ図

資料カメラやプロジェクターを利用する

立体物を投影したり、人数が大勢集まるときに大画面で映像を映し出せる。

資料カメラを使用する利点

  • 立体物から紙ベースの物まで表示できる。
  • 立体物を表示できるので、PC映像よりも相手側にイメージを伝えやすい。
  • 対象物の細部を拡大表示することも可能。
資料カメラを使用したイメージ図

プロジェクターを使用する利点

  • イベントやセミナーなど、人数が大勢集まるときに大画面で映像を映し出せる。
  • 通常のモニターではデータが読みにくい場合に、大きく表示させることが可能。
  • ただし、会場や会議室の照明環境に配慮も必要。
プロジェクターを使用したイメージ図

接続方法

テレビ会議システムの外部映像・音声入出力ポートに接続する。

  • テレビ会議システムの機種によっては、外部映像・音声入出力のポートが装備されていないものがあるので確認が必要。

テレビ会議システムとAV(映像)の連携に関する一覧(まとめ)

端子 接続可能な機器 使用用途
入力
  • テレビ会議用カメラ(PTZ、固定など)※
  • 資料カメラ
  • DVカメラ
  • ビデオデッキ  など

※機種によっては内蔵しているものもあり

【通常】
  • 相手側の映像やメニューを撮影
【応用】
  • ビデオ映像を相手に送信
  • 資料カメラの映像を送信
  • 広い会議室の参加者を複数台のカメラで撮影  など
出力
  • テレビモニター※
  • プロジェクター
  • プラズマディスプレイ
  • マトリックススィッチャー  など

※機種によっては内蔵しているものもあり

【通常】
  • 相手側の映像を表示
【応用】
  • 大会場で大スクリーンに拡大
  • セミナールームで複数モニターに分配して表示  など
入力(XGA)
  • PC、RGB対応資料カメラ等  など
  • PCや資料カメラの映像をXGAの高解像度で相手側に送信してプレゼンテーション

出力 (XGA)

  • プラズマ
  • プロジェクター
  • RGBモニター※  など

※機種によっては内蔵しているものもあり

  • PCや資料カメラの映像をXGAの高解像度で表示
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18