ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
Cisco(シスコ)テレビ会議製品のご紹介
Cisco(シスコ)テレビ会議製品のご紹介

Cisco(シスコ)製品情報TelePresence Content Server

Cisco(シスコ)

TelePresence Content Server

Cisco TelePresence Content Server
Cisco TelePresence Content Server
テレビ会議記録/再生/ストリーミングシステム。
簡単操作で会議欠席者が後から会議内容を後から確認でき、議事録として残せる。また、遠隔教育・社内研修・社内イベント・Webキャストなどテレビ会議を活用するあらゆる会議やイベントのアーカイブに最適なシステム。

販売終了

こんなユーザーに最適です

  • テレビ会議内容を録画しておきたい方
  • 議事録として会議を録画しておきたい方
  • 会議内容を数多くのユーザーにライブでもしくは後から視聴してもらいたいニーズのある方

機能の特長

  • ライブ/オンデマンドのストリーミング
  • ダイヤルイン、ダイヤルアウト機能を利用してコールに対応
  • H.323またはSession Initiation Protocol(SIP;セッション開始プロトコル)テレビ会議システムからの映像とH.239デュアルストリームのプレゼンテーションを録画およびストリーミング
  • Windows Media、Flash、QuickTimeなどすべての主要なストリーミングフォーマットに対応
  • 編集とライブラリ機能により簡単にコンテンツの作成が可能
  • PC、Mac、ポータブル機器へのコンテンツダウンロード対応

性能の特長

  • 同時に5コールをサポートし、最大2コールをライブストリーミング可能
  • テレビ会議の最大帯域:2Mbps
  • ライブおよびオンデマンドモードで映像とプレゼンテーションのストリーミングを同期
  • ユニキャスト・マルチキャストのストリーミングに対応
  • 最大10台のContent Serverをクラスタリング
  • Content ServerクラスタでのSQL Server 2008のサポート
  • Content Server間での会議のエクスポート・インポート

主なスペック

対応言語 日本語、英語、フランス語、中国語
電源 100-240V、50-60Hz  最大消費電力 350W
寸法 44.0 × 430.0 × 508.0mm
*1U 19インチラックマウント可能、高さ1RU、ラックレール含む
重量 9.2kg
動作環境 ・動作温度:10~30℃(50~86°F)
・相対湿度(RH):10~90%
・保管および輸送温度:20~80℃(-4~140°F)

後継機選びにお困りではありませんか?

販売・サポート終了になってしまったテレビ会議システムの故障・老朽化に伴い、新しい後継機を探す際に何を選んだらよいかお困りではありませんか。状況によっては後継機を追加するだけではなく、周辺機器等も新しいシステムに適したものに変える必要もあります。
故障したら
VTVジャパンでは、マルチベンダーの立場から同メーカーはもちろんお客様のニーズに合わせて様々なメーカーのテレビ会議をご予算、ご要望に合わせてご提案します。まずはお問い合わせください。