ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
おしらせ・更新情報
おしらせ・更新情報

プレスルーム日本合成化学工業株式会社様の事例を公開

プレスルーム

プレスリリース

2014年10月20日
報道関係者各位
VTVジャパン株式会社
テレビ会議導入事例 日本合成化学工業株式会社様
Web会議からのリプレイスで、遠隔地とのスムーズなコミュニケーションを実現
 VTVジャパン株式会社(代表取締役社長:栢野 正典 本社:東京都千代田区)は、日本合成化学工業株式会社様(代表取締役社長:木村 勝美 所在地:大阪府大阪市北区)へ、ソニー社のテレビ会議システムとアバイア社のネットワーク製品を組み合わせたテレビ会議ソリューションを販売、本日、導入事例をホームページにて公開しました。
 販売拠点や生産拠点、研究・開発拠点など、国内外に多くの拠点を持つ日本合成化学工業株式会社様は、出張に伴う生産性の低下や交通費などの経費削減を目的に、遠隔会議システムの導入を検討、2004年にWeb会議システムを導入しました。しかし、画面が小さい・品質が悪い・準備に手間がかかる等の理由で、ほとんど利用されることがありませんでした。
 そこで、テレビ会議専用端末への買い替えが検討され、慎重に検討を重ねた結果、画質・音質ともに非常に優れているという理由で、ソニー社製テレビ会議システムの導入が決定しました。
 初回は本社に内蔵多地点接続機能を備えたテレビ会議システム・PCS-XG80を導入し活用していましたが、テレビ会議の使用率が伸びたことでテレビ会議の増設が進み、内蔵多地点会議で可能な拠点数をオーバーしました。そこで、多地点接続専用サーバーであるAvaya SCOPIA MCUを追加導入することになりました。
 現在では、専用サーバーを利用した運用方法に切り替えてテレビ会議を行っています。テレビ会議の使用率は、販売拠点で9割、生産拠点で7割程度で、最近では研究・開発拠点との研究会議や海外拠点とのコミュニケーションにもテレビ会議が活発に利用されています。  
 詳細は下記の各掲載ページをご参照ください。

事例掲載ページ
  VTVジャパンホームページ:https://www.vtv.co.jp/casestudy/list/nichigo.html

VTVジャパン SONY製品紹介ページ:https://www.vtv.co.jp/product/sony/hikaku.html

Avaya製品専門サイト:http://www.vcsolution.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
VTVジャパン株式会社
マーケティング担当 : 大川、山田
TEL : 03-5210-5021
 
* 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。