ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
導入事例
導入事例

導入事例皮革製品メーカー様

皮革製品メーカー様

Web会議からテレビ会議へ買い替え
高品質テレビ会議で社内コミュニケーションを確立。日本の技術を海外へ伝達

ソリューション

導入システム

  • Avaya XT5000
  • Avaya XT Executive 240
  • Avaya XT4200 (海外拠点に導入:海外導入支援プログラムを利用)
  • VTVCareサービス:海外導入支援プログラム

Web会議システムからテレビ会議専用機へ買い替え。国内・海外店舗とのコミュニケーションツールに

 国内だけでなく海外にも店舗を展開し、鞄や小物等皮革製品の企画・制作、販売をしていらっしゃる企業様で、社内コミュニケーションツールとしてSCOPIA XT5000、SCOPIA XT4200、SCOPIA XT Executive 240を本社・販売店舗(海外含む)、および工房へ導入されました。
 以前は、本社と国内店舗・海外店舗間のコミュニケーションツールとしてSkypeを活用されていましたが、音声・映像品質がネットワークに大きく依存して映像が乱れたり、音の途切れなどが起こり会議にならないこともありました。無料ツールをビジネス用途で利用することへの限界を感じ、安定した接続性と音声・映像の高品質で定評のあるテレビ会議専用機への買い替えを検討されました。
 機器選定時には、実際にお客様のネットワーク環境下にVTVジャパンのデモ機を持ち込んでデモンストレーションを実施し、音声・映像品質と操作性をご確認いただきました。その結果、特に音声の良さを評価いただき導入に至りました。
 また、「海外導入支援プログラム」をご活用され、海外店舗へのシステム導入も同時に進めました。本社の導入担当者様と海外拠点の担当者様にもご協力いただき、本社導入と同日に設置が完了し、本社・海外店舗間での通信も確認することができました。 

運用ルールを設け、役員会議、本社・店舗間での会議などに活用。テレビ会議で技術を伝える

 同社では、役員会議・週会議・社員間の業務打ち合わせや、海外店舗とのミーティングなどにテレビ会議を活用されています。音声・映像でのコミュニケーションに慣れていたこともあり、Skypeに代わる業務ツールとして導入直後から浸透し、さまざまなビジネスシーンでご活用いただいき、同社の経験や技術伝達に一翼を担っているとのことです。
 テレビ会議導入にあたってVTVジャパンの担当営業は、運用ルールを設けて社内で徹底することをアドバイスいたしました。テレビ会議は会議室へ設置するため、Skypeのように好きな時に自由にアクセスするというわけにはいきません。会議時間の重複や使いたい時に使えないなどといった混乱を招く状況を回避する必要がありました。現在は、社内グループウェアにテレビ会議と会議室の予約機能を設けて、ユーザー自身が自由に予約できるようにし、スムーズに運用していらっしゃいます。
 また、今後の国内外への店舗増加も計画されているとのことでした。現在、予定地の現地スタッフとはSkypeで会議・打ち合わせをしていらっしゃるとのことですが、今後店舗オープンが本格的になる頃には、テレビ会議導入が必要不可欠になるとのお言葉をいただきました。

 導入から半年以上経ち、テレビ会議を使わない日はないとのことです。さらに稼働率を上げて業務効率につなげるためにユーザーニーズを調査しながら、将来的にはWeb会議環境の整備も検討していきたいとのことです。

お客様事例の絞込み検索

導入企業

  • 愛知陸運株式会社様
  • クリヤマ株式会社様
  • 株式会社プライムアシスタンス様
  • 日本コンベンションサービス株式会社様
  • 株式会社様日本ビジネスデータープロセシングセンター様
  • 国立大学法人香川大学様
  • 株式会社門永水産様
  • 赤穂化成株式会社様
  • 株式会社MORESCO様
  • 株式会社クラボウインターナショナル様
  • 寿スピリッツ株式会社様
  • 株式会社アマナ様
  • 国連大学サステイナビリティ研究所(UNU-IAS)様
  • 株式会社ゆめみ様
  • エルナー株式会社様