ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
オンプレミスとの徹底比較
オンプレミスとの徹底比較

テレビ会議クラウドサービスについてオンプレミスとの徹底比較

クラウドサービスとオンプレミスを徹底比較

テレビ会議のクラウドとオンプレのメリット・デメリットを比較

ここ最近テレビ会議の接続方法として主流になってきた「クラウドサービス」。柔軟に様々なデバイスを接続できたり、運用管理が楽な点などが注目されていますが、ご担当者としては従来の「オンプレミス」と比べて、どちらが自社にとって最適なスタイルなのかを判断するのは、悩ましいところではないでしょうか。
このページでは双方の特長やメリット・デメリットを一覧表にまとめてみました。

クラウドサービス・オンプレミス比較一覧

クラウドサービス   オンプレミス
サービス提供会社に依存する運用環境
サービス提供会社に依存するため、サービス内容の変更(バージョンアップなど)により、既存のテレビ会議専用機や社内の推奨ブラウザ、バージョンではサービスに接続できなくなるなど意図しないトラブルが発生する場合があります。
運用
計画に沿った運用維持が可能
バージョンコントロールが自社で行えるため、導入時に決定した運用ルールに沿って運用することができます。バージョンアップが必要な際にも事前に接続検証などを行いトラブルを回避する対策が取れます。
自社運用設定ができない
提供されるサービスに依存するため、自社運用のルールに特化したカスタマイズができません。また、予告なくバージョンが更新され、操作画面がまったく変わり、混乱が起きることもあります。
カスタマイズ
自社オリジナル運用設定が可能
運用方法に合わせた機能制限や操作画面のカスタマイズなど、ユーザーに優しく安定した環境を提供することができます。
契約時ごとに見直せる
メーカーが提供するサービスメニューに沿って随時拡張・縮小が可能です。必要に応じて契約や解約ができるのも大きな利点です。
拡張性
将来を見越した運用計画が必要
バージョンコントロールが自社で行えるため、導入時に決定した運用ルールに沿って運用することができます。バージョンアップが必要な際にも事前に接続検証などを行いトラブルを回避する対策が取れます。
サービス提供会社がセキュアな環境を提供
サービス提供会社のセキュリティポリシーに準じた環境が提供されます。自社の運用スタイルに合わせた設定ができない場合があり、Webプロキシに弱い面もあります。
ネットワークセキュリティ
安心のセキュリティ対策
社内のセキュリティポリシーに準じた設計が可能です。利用方法とセキュリティポリシーに応じて、ネットワークを自由に設計することができます。
調整事項が少ない分時間短縮に
機器調達にかかる時間と運用方法の選択肢が少ないため、運用開始までの時間を比較的短縮することができます。
運用開始までの時間
入念な導入準備が必要
機器選定から必要機材の調達、運用ルールなど決定すべき事項が多岐にわたるため、導入までには入念な準備期間が必要です。
安価で管理担当者の負荷が低減
サーバーを購入する必要がなく、低コストで運用を開始できます。必要な時に必要な分だけライセンス数を増減できるのでコストを最適化でき、専任の管理者を設けなくても運用ができます。
コスト
高額な初期投資と管理が必要
MCU、管理ソフトなど複数台のサーバーの機材調達費用がかかります。またサーバー管理者も必要となり、担当者の業務負担などの運用コストもかかってきます。

自社にあった製品を選択することが導入成功の鍵

次世代の製品やサービスが次々に登場していますが、基本は流行に流されずに導入後の運用も踏まえて、自社に本当に適した製品を選択することが何より大切です。また、いずれの製品を導入するにせよ、導入後の運用方法やトラブル時の対応方法など、保守サポートまでしっかり考えることが成功するシステム運用につながります。