ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
Pexip Infinity
Pexip Infinity

オンプレミスMCU Pexip Infinity(ペクシプ インフィニティ)

オンプレミスMCU

Pexip Infinity(ペクシプ インフィニティ)

Microsoft Teams・Google Meet連携を可能にするソフトウェアベースのMCUサーバー。

Pexip Infinity(ペクシプ インフィニティ)

仮想サーバー上で動作するソフトウェアベースのMCU・Pexip Infinityは、異なるネットワーク環境や異なるツール同士の連携を実現するソリューションです。AWS、VMware、Microsoft Hyper-Vなどで稼動するように設計されています。

標準価格 : オープンプライスお見積無料

特長

ゲートウェイなしでテレビ会議・Microsoft Teams/Google Meetなどさまざまな機器が接続

ビジネスシーンにおいて手軽なコミュニケーションツールとして利用されているMicrosoft TeamsやGoogle Meet。Pexip Infinityは、これらのツールとその他のデバイスとのゲートウェイ的役割を果たし、シームレスな接続を実現します。Microsoft TeamsやGoogle Meetとテレビ会議を連携したいユーザーに最適なソリューションです。

仮想サーバー上で稼動する多地点サーバー

Pexip Infinityは、仮想サーバー上で稼動するソフトウェアベースのMCUです。従来のように多地点接続(MCU)アプライアンスサーバーなどを準備する必要はありません。すでに仮想ネットワーク環境をお持ちの場合、年間ライセンスをご契約いただくだけで、すぐにPexip Infinityをご利用いただけます。

ライセンスの年間契約により必要に応じた拡張・減少が容易

クラスタリング構成で仮想サーバーをご利用いただく際、接続ライセンスを分散してインストールすることが可能です。また、ライセンスは1ポート単位の年間契約なので、同時接続の拡張だけでなく縮小も容易に行えます。

クラスタリング構成を組むことによりうまれる、多数のメリット

複数の仮想サーバーにPexip Infinityをインストールすることで、サーバーにかかる負担を軽減することができます。冗長化としてもご利用いただけるので、BCP対策にも適しています。

Pexip Infiniytが実現するロケーションフリー・デバイスフリー・ネットワークフリー

デバイスやネットワークに依存するのではなく「ユーザーの環境」にあわせた自由なコミュニケーションが行えます。

Pexip Infinityの自由なコミュニケーション

スペック

製品名
Pexip Infinity
最大通信帯域
IP:6Mbps
解像度
QCIF~1080pフルHD
フレーム数
最大30fps
対応プロトコル
H.323、SIP、WebRTC、RTMP、Skype for Business(Lync)
映像符号化方式
H.261、H.263、H.263+、H.264、VP8、VP9、RTVideo
音声符号化方式
G.711(a/u)、G.719、G.722、G.722.1、G.722.1 Annex C、Siren7、Siren14、G.729、G729A、G729B、Opus、MPEG-4 AAC-LD、Speex、AAC-LC
資料共有
H.239(H.323向け)、BFCP(SIP向け)、VbSS、RDP、PSOM、VP8、VP9、JPEG

【WebRTC要件】

ブラウザ要件
  • Google Chrome ver61以降
  • Mozilla Firefox ver68以降
  • Microsoft Edge
  • Opera ver53以降
  • Apple Safari ver11.1以降

【サーバー要件】

ハイパーバイザー
AWS、VMware、Microsoft Hyper-V、KVM、Xen
CPU
  • CPU世代:Sandy Bridge、Ivy Bridge from 2012 以降
  • CPUアーキテクチャー:64bit CPUスピード:2.7Ghz以上
  • GPUキャッシュ:20MB以上
メモリ
  • 1コアあたり1G
  • ※CPUの全てのメモリチャンネルに物理メモを搭載する必要あり
HD接続
1接続あたり1.4Ghz消費
SD接続
1接続あたり0.7Ghz消費

Pexip Infinity 2週間の無料トライアル

Pexip Infinity 2週間の無料トライアル

Pexip製品に関するよくある質問