ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
 平日9:00-17:30  03-5210-5021
VTV Booking Maker for Cloud(VBM for CLoud)
VTV Booking Maker for Cloud(VBM for Cloud)

Microsoft Teams連携ソリューション
VTV Booking Maker for CVI(VBM for CVI)

Microsoft Teams連携支援ソリューションVBMシリーズ

VTV Booking Maker for CVI(VBM for CVI)

Microsoft Teams会議へのテレビ会議システムからの接続を支援するソフトウェア

VTV Booking Maker for CVI(VBM for CVI)

テレビ会議システムをMicrosoft Teamsの会議に接続する機能を提供するMicrosoft CVIライセンス。接続方法やライセンス数の管理などにちょっとしたコツが必要になり、導入によって管理者や利用者に負担がかかる場合があります。
VBM for CVIはユーザーがTeamsの会議であることを意識することなく接続できる環境や、ライセンス数の超過を気にすることなく運用できる環境を提供するオンライン会議支援ソフトウェアです。

標準価格 : オープンプライスデモ・お見積無料

概要

VTV Booking Maker for CVI(VBM for CVI)とは

Microsoft CVIは、Microsoft社の認定パートナーから提供されるテレビ会議システムをMicrosoft Teamsの会議に接続する機能を提供するライセンスです。 しかし、PCベースの会議と専用システムのと会議概念の差からMicrosoft CVIをそのまま利用するには、以下のような課題がありました。

  1. テレビ会議システムからの接続手順が煩雑
  2. CVIの同時接続ライセンス数の管理が必要

VBM for CVIはそれらの問題点に着目して、テレビ会議システムからの参加者がMicrosoft Teams会議に接続することを意識せずに利用できるよう開発されたソフトウェアです。

Microsoft CVIの問題点をVBM for CVIで解決
会議予約手順は変更なし。テレビ会議システムの設置された会議室を予約するだけ

VBM for CVIはOutlookと連携して動くため、ユーザーはCVIやVBM for CVIが導入されたことを意識することなくご利用できます。
OutlookからTeams会議として予約する際にCVIアカウントを設備として一緒に予約することで、ライセンス数を管理しながらテレビ会議システムを Microsoft Teamsでの会議に参加させることができますので、ユーザーは新たなシステムの操作手順を一から覚える必要はありません。

VBM for CVI導入後の予約手順
開催時間にVBM for CVIが会議室と参加端末を接続。テレビ会議システムからの参加も手間なし

会議開始時間になるとVBM for CVIは会議に招待されているテレビ会議システムをTeams会議室へ接続します。 テレビ会議システムの起動が間に合わなかった場合には一定期間リダイアルをかけます。

また、VBM for CVIは必要に応じてWebポータル画面から、会議室毎の接続状況の確認、接続、切断、拠点の追加などの会議コントロールが可能です。 管理者はユーザーからの問い合わせに遠隔から対応することができます。

VBM for CVIのWebポータル画面

Microsoft CVIとVBM for CVIの導入イメージ

お客様の環境や運用に適したMicrosoft CVIライセンスを選定させていただきます。お客様のO365環境にライセンスをインストール後、 別途サーバーにインストールしたVBM for CVI側でコントロールできるように設定します。

Microsoft CVIとVBM for CVIの接続イメージ

デモンストレーションとトライアル

疑似環境で実際の操作をご体感いただけます
VBM for CVIのデモンストレーション

VBM for CVIの動きをご覧になりたい方は、Outlookからの予約操作からテレビ会議システムの接続までを、弊社東京、大阪のデモルームにてご体感いただけます。 御社環境に合わせた疑似環境をご用意しますので、お気軽にご依頼ください。

また、実際に利用する環境で接続テストを兼ねたトライアルをご希望の場合もご相談ください。