ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
ベネフィット(顧客価値)
ベネフィット(顧客価値)

ソリューションベネフィット(顧客価値)

ベネフィット(顧客価値)

ベネフィットは大きくコストは最小限に。
企業組織のパフォーマンスを最大限に引き出します。

VTVジャパンでは、ビジュアルコミュニケーションによって、経営の改善・改良を行おうとしている企業組織、またそのためにテレビ会議、Web会議を使ってコミュニケーション環境を整えようとしている企業組織のベネフィット実現に対し、VTVジャパンにしかできない「ソリューション」を用いて、コミュニケーションをデザインをいたします。

企業はシステム、またサービスなどを新規導入やリプレイスする際、導入前に考えておかなければいけない大切なこととして「納得して導入したい!」という交換価値と、導入後は「満足して使用したい!」という使用価値の「2つ」のベネフィットを求め、さらに付加価値として「今よりもっと良いシステムでありたい」という製品・サービスから得られる良い効果を期待されています。

ですが理想が膨らむ事に対してマイナスポイントとなるのはコストです。ベネフィットを大きく持つことに比例してコストも大きくなってしまします。コストと言ってもマネー(価格)だけに収まらず、時間・テマ・担当者様のプレッシャーもコストの一部に当てはまります。

しかし「ベネフィット」を大きく持ちつつ「コスト」を最小限に抑えることが出来れば、企業としても納得し満足したシステム導入が行えます。この「コストパフォーマンス」の部分を企業はどのように考えなければいけないのか?が課題となります。企業の課題となる「コストパフォーマンス」に対し、VTVジャパンは「4つ」の商品構造からビジュアルコミュニケーションの問題・課題をサポートし、導入前の「納得して導入したい!」、導入後の「満足して使用したい!」という企業のベネフィットをデザインいたします。

VTVジャパンでは「4つ」の商品構造でコミュニケーションをデザインし、最大限のコストパフォーマンスをご提供いたします。

4つの商品構造