テレビ会議とはテレビ会議とはトップへ

テレビ会議の価値

テレビ会議の真の価値とは・・・

出張費・移動費・経費の削減がテレビ会議の価値のひとつと考えられますが、目に 見えない部分である 「コミュニケーションによる効率アップ」 に真の価値があるといえます。
テレビ会議がもたらす最大の効果は“コミュニケーションの活性化“です。

ライン
mark01コミュニケーションの活性化
mark03出張回数を減らしテレビ会議システム使用回数を増やす

出張をゼロにしてコミュニケーションを深めることは不可能です。ですが出張の回数を減らし、その分を 「テレビ会議システム」でのコミュニケーション回数を増やす・頻繁に利用することに替えれば、出張する以上の密なコミュニケーションが可能になると共に、 経費の削減に大きく貢献できます。 相手の表情を見て話をすることは、実はお互いの意見や思いを理解するうえで非常に重要な要素を占めています。今まで電話やメールでは伝えきれなかった、 伝えたい内容が意図せず誤解されてしまった・・・などの経験をされた方も多くいらっしゃることでしょう。
face to faceでのミーティングを補うコミュニケーションツールであるテレビ会議システムをどんどん活用することで、コミュニケーションが 活性化し、お互いの信頼関係を築くことができます。

ライン
mark03ワークスタイルの変革

コミュニケーションツールであるテレビ会議システムを使って仕事の内容・やりかたを変えてムダのない効率的な仕事を目指せます。 過去のワークスタイルを例にとってもわかるように、手紙やはがきを使ってのコミュニケーションから電話・FAXへの利用が主流になり、 またPCの普及に伴い、E-メールを使ってのコミュニケーションへと変化してきました。
今後テレビ会議システムの使用率が格段に上がり、遠隔地とのコミュニケーションを深めるツールとして「テレビ会議システム」が定着すれば、 仕事の効率向上を担うツールになることが期待できます。

<遠隔地とのコミュニケーションの変革> 遠隔地とのコミュニケーションの変革
ライン
mark03社内間常時接続

たとえば東京本社と大阪オフィスを社内間常時接続をすることで、常に顔を見合わせて仕事をしている感覚、そして同じ空間を 共有しているような感覚で仕事ができます。お互い顔を見合わせる・相手の所在を確認するなど、普段何気なく行っている社内での行動が離れたオフィス同士でも実現でき、 お互いの距離感がなくなることで一体感・親近感が生まれます。
結果、意識せずにおのずと社内の団結力が深まります。

VTVジャパン 東京⇔大阪オフィス間 常時接続風景 遠隔地とのコミュニケーションの変革
  • お問い合わせはこちらから
  • お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-880-576