ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
プレスリリース
プレスリリース

プレスリリースClickShare Conference CXシリーズを9月4日より提供開始

プレスリリース

ClickShare Conference CXシリーズを9月4日より提供開始
自宅とオフィス、双方でスムーズにWeb会議が利用できる環境を提供

2020年9月4日

 ビジュアルコミュニケーション製品・サービスを提供するVTVジャパン株式会社(代表取締役:栢野正典 本社:東京都千代田区 以下、VTVジャパン)は、バルコ株式会社(本社:ベルギー)のワイヤレスWeb会議ソリューションClickShare Conference(クリックシェア コンファレンス)CXシリーズの提供を9月4日より開始します。

ClickShare Confarence CXシリーズ

Balco ClickShare Conference CXシリーズ(本体とButton)

 コロナ禍での緊急事態宣言解除以降、在宅勤務とオフィスの双方で仕事をする機会が増えました。在宅勤務中にWeb会議の利用が進んだこともあり、ZoomやMicrosoft Teams、Webexなどのオンライン会議ツールを利用してどこにいても気軽にコミュニケーションが取れるようになりました。しかし、自宅から一人で参加する分には問題がなかったWeb会議も、オフィスでPCから複数人数で参加しようとすると参加者全員を映せない、声を拾えないといった問題が生じます。カメラやマイクなどの周辺機器を用意して拡張しようにも配線が大変です。会議室に設置されたテレビ会議専用機を利用しようにも、接続先がさまざまなWeb会議を利用しているため対応できないことが多く、オフィスで気軽にWeb会議を利用することがなかなか難しい状況です。

 ClickShare Conference CXシリーズは、これらの問題を解決するBYOM(Bring your own meeting)を実現するワイヤレスソリューションです。

 会議室の収容人数に合わせたWeb会議用の周辺機器(カメラ、マイク、スピーカー)をClickShare Conference CXシリーズに接続して設置し、後は自分のノートPCを会議室に持ち込みワイヤレス対応の「Button」をUSBポート接続にするだけで、簡単に複数人数でWeb会議を開始できます。

接続イメージ:
ClickShare Confarence 接続イメージ

図のように会議室に拡張用の周辺機器またはWeb会議用のカメラ/マイク/スピーカー一体型の機器とモニターをClickShare Conference CXシリーズに接続します。

ClickShare Confarence Button

「Button」をノートPCに挿すだけで拡張用周辺機器を利用する準備は完了です。
後は、Web会議ツールを起動して接続操作を行います。「Button」中央の大きなボタンを押すと、モニターにPCの映像が投影され、会議を行うことができます。

ClickShare Conference CXシリーズ 3つのモデル:
ClickShare Confarence Button

価格:オープンプライス

その他:
  • モニターに表示中の内容を、手元のデバイスに表示できるローカルビュー機能に対応
  • Windows、Mac、iOS、Androidに対応(アプリ等のインストール不要)
  • 暗号化機能に対応
  • 5年間製品保証付(要登録)

 VTVジャパンでは、ニューノーマルに向けて、従来のテレビ会議専用機とWeb会議の混在利用に課題を抱えるご担当者向けに、この製品を始めとしたさまざまな構築提案を行ってまいります。

関連サイト:
本件に関するお問い合わせ先
  • VTVジャパン株式会社 マーケティング部
  • 担当:山田、北垣
  • TEL:03-5210-5021 FAX:03-5210-5022
  • 電子メール: vtvinfo@vtv.co.jp