CSRへの取り組み

VTVジャパンが考えるCSRの取り組み

CSRの取り組み
私たちVTVジャパンは、1995年から一貫してテレビ会議システムの普及に取り組んでまいりました。機材も高額で、かつ通信ネットワークが現在のように整備される以前からです。その当時の日本では、まだ「大企業が使うもの」という考えが一般的でした。

その後、通信インフラの急速な発達と整備、情報産業の技術革新と、めまぐるしく変わる社会情勢(世界における政治的・経済的な問題、SARSなどのパンデミック対策、自然災害等々)の中、テレビ会議の存在意義が高まり、現在では高機能な専用機からPCを利用したWeb会議まで、さまざまなタイプのビジュアルコミュニケーションをご提供できるようになっています。
VTVジャパンの企業理念は、

「 ”つなぐ” 」

です。私たちは「つながる」ことで、個人、コミュニティを基礎とする社会を形成しています。そしてこれらを”つなぐ”役割を担う企業として「未来型企業」をイメージし、その実現を目指しています。

 

【 未来型企業の姿とは 】

未来型企業の姿とは

 

この「未来型企業」の実現へのステップ、そして我々の提供する商品やサービスを活かした社会貢献を、VTVジャパンにおけるCSRの取り組みと位置付けています。

(1) コンプライアンスを遵守した経営と、企業としての継続的成長
(2) 社員が安心して働くことのできる環境の提供と、次世代へ向けた人材育成
(3) ビジュアルコミュニケーションによる「新たなコミュニケーション」の創造と提供

継続できること。実現できること。『身の丈にあった社会貢献』を行うことが、VTVジャパンの考えるCSRです。

風景

  • お問い合わせはこちらから
  • お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-880-576