ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
インターンシップ研修レポート
インターンシップ研修レポート

インターンシップ研修レポート
2019年度NSさん

インターンシップ研修レポート

インターンシップ研修レポート【2019年 中央大学 N.Sさん】

インターンシップ研修レポート【2019年 中央大学 N.Sさん】

はじめに

今回のインターンシップが私にとって初の本格的な社会経験の機会だったため、とても緊張していました。初日の朝イチの全体会議で全社員さんの前で自己紹介をするという指示を受けていたので、会議中はずっと不安で顔面蒼白だったかと思います。またこの全体会議ではじめてテレビ会議システムの性能を目の当たりにし、その臨場感に感動を覚えました。

1日目:バックオフィス

バックオフィスは管理部や総務部とも呼ばれ、会社全体をサポートする「縁の下の力持ち」的な役割を担う必要不可欠な部署です(どの部署も必要不可欠ですが)。例えば各部署から「請求書」等の作成の依頼を受けたり、来客にお茶を出したり、交通費の精算を行ったりしています。
パウチ作業体験、営業部との打ち合わせに参加させて頂き、また会社PCの使い方をレクチャーしてもらいました。全部署と綿密に連携をとっている姿が1日目だけではなく、2週間通して見れたのが印象的でした。私にバックオフィスの仕事を見せつつ、その一方で初日の緊張をほぐすよう温かく迎え入れてくださったバックオフィスの皆様の器用さに感心してしまいました。インターン中お借りした席が近かったこともあり、たくさん気にかけていただきました。私が2週間頑張れたのはバックオフィスの方々からのプッシュアップのおかげでした。

2~3日目:技術部(ソリューションチーム&開発チーム)

技術部はソリューションチームと開発チームに分かれており、2日目にソリューションチーム、3日目に開発チームの業務体験をさせて頂きました。

ソリューションチームはお客様の要望に対して、どのテレビ会議の機種が1番満足してもらえるかを考え提案する部署です。そのため各機種がどんなスペックがあるのかを、実際に起動して一から確かめていく必要があります。その確認作業を体験させて頂きました。
たくさんのチェックシートの項目をもれなく埋めていく、かなり地道な作業でした。お客様の満足を得るためには本当に大量の労力を要するのだなと感じました。専門的な作業内容なので不安でしたが、わかりやすい説明のおかげで無知だった私もひと通り理解することができました。難しい事を一生懸命に説明してくださる姿に感動しました。

開発チームの業務体験では、VCafeという社内向けSNSを作成しました。
普段見慣れない真っ黒のパソコンの画面にコマンドを正しく入力していく作業は精神的にもつらいものでしたが、最後のコマンド入力を終え自分の作ったページが立ち上がった瞬間に疲れは吹き飛び、「やったー!」と声をあげてしまいました。途中うまくいかず、社員の方に何度も質問したときもありましたが、手厚い対応のおかげで何とか機械音痴の私でも完成させることができました。まさに登山のような作業でした。このページ作成も開発チームで頑張った甲斐もあって順調に進めることができました。

4~5日目:サポートチーム

サポートチームはお客様のお問い合わせに対応し、検品作業など保証サポート業務を行う部署です。お客様から送られてきた故障機器を実際に操作し、原因究明を行う業務を体験しました。
お客様の機器を扱うということで、より一層緊張感のある作業となりました。お客様からのお問い合わせ内容はしっかり理解しなければいけないので、電話対応を慎重に丁寧に行う姿や、急な仕事にも誠心誠意取り組んでいる姿を間近で見ることができてよかったです。お客様にとってはテレビ会議についてわからないことも多いと思うので、このサポートチームの役割はとても大きいなと感じました。また、一つテレビ会議システムを売るだけでも、営業以外にもサポートチームやソリューション等、多くの人が関わっているということがわかりました。

6~8日目:営業チーム

営業部の業務体験は他の部署より多い、3日間でした。1日目は月初めの月曜日に行われる定例会議に参加しました。
先月の個人売り上げデータが公開され、反省やこの先の活動計画、注力ポイント等を確認していました。個別の売り上げ額が皆の前で発表されるのはシビアだなと思いましたが、それもある種のモチベーションにつながるのだろうなと感じました。
2日目は2つの来客案件に同行させて頂きました。お客様が投げかけるどんな質問にも丁寧に答えていて、その知識量と対応力に感激しました。同じ会社内でも社員の方によって営業の仕方が全然違うのが面白かったです。私は初のお客様との接触だったためソワソワしていましたが、あっという間に終わっていました。
3日目は3件もの外出案件に同行させて頂きました。エリート営業マンのような多忙スケジュールで期待感と不安で胸がいっぱいでした。3件とも案件の内容が異なり、社員の方がそれに応じて話し方等を変えていて興味深かったです。ユーモアを交えながら滑らかにビジネスの話を持ち込んだり、話を広げたりするテクニックだけではなく、お客様の話をしっかり理解したり長年付き合っていく仲として仕事以外の話でも引き出しが多かったりと、営業の現場では学べることがたくさんありました。以前は「お客様のところへ飛び込んでいく」という一方的な営業のイメージを抱いていましたが、実際に同行してみて「良い信頼関係を築く」という双方向の営業という印象を持つようになりました。全体を通して時間の経過が速く感じる部署でした。

9~10日目:マーケティング部

マーケティングとは販売推進という意味で、VTVジャパンではWeb・販促ツール(カタログなど)等を用いてその販売推進を行っています。
会議ではWebの訪問者数の推移などのデータをもとにどのようなWeb展開(広告やHPのレイアウト)をすべきか検討していました。HPに載せる情報もメーカーが新製品を出すたびに切り替えなければいけないし、更にちょうど(8月9日現在)HPの大幅リニューアルに取り掛かっているということで(このページは新HPに載ると思われます)貴重な姿を盛りだくさん見学できたのでタイミングが良かったなと思います。データを解析し、トレンドを読み取り、アイデアを練るマーケティング部の作業は目まぐるしさもあり、楽しさも感じる事ができました。マーケティング部の5人だけの力であのVTVジャパンの綺麗なHPを作っているという事には素直に驚きました。私個人的に非常に興味をひかれた2日間の体験でした。最後のこのページ作成という業務も大変ではありますが楽しくやらせてもらいました。

🌟会社内の雰囲気🌟

ランチの際に撮りためた写真

会社内は和やかな雰囲気で、社員の方々は皆個性豊かでした。本当に個性豊かでした。どの部署の方も私を歓迎して可愛がってくださり(勝手にそう思い込んでいます)、感謝しかありません。
昼休みは毎日食事に誘って頂きました。過去のインターン生のブログを見ていた私は、「一度も誘われなかったらどうしよう」と不安がっていたので誘われた時は本当に嬉しかったです。そこではざっくばらんに色々な話ができました。例えば就活のアドバイスからプライベートの打ち明け話まで・・・たくさん笑かされてしまいました。色々な人がいるなとつくづく感じます。。。プライベートでも九段下に行きたくなるくらい美味しいお店ばかりだったこともあり、この2週間で多少舌が肥えたなと実感しています。
本当にありがとうございました!

🍁研修を終えて🍁

非常に内容の濃い2週間を送ることができました。初日は予定より1時間半も早く目覚め、朝からソワソワしっぱなしで、自分はこれから2週間どうなることやら・・・と考えていました。満員電車で汗だくになりながらフィジカルバトルを繰り広げ、くたくたの状態で会社に辿り着いた初日の自分を懐かしくも感じます。結局1回も電車の遅延や雨天の日はなく、気持ちよく毎日通うことができたのは運に恵まれていたなと思います。社会人の方々とこんなにたくさん話せる機会は滅多にないので、本当に良い社会経験になりました。社会人特有の言葉遣いやしきたり等、今後役に立つ知識も吸収出来ましたし、中に入って実際に体験しなければわからないような事も多く学べたのが良かったです。

最後になりますが、VTVジャパンの皆様に今一度深くお礼申し上げたいと思います。ここで得た経験を糧に、一回り大きくなって立派な社会人になれるよう努力します。また街で見かけたら、(覚えていましたら)声をかけてください。2週間ありがとうございました。