テレビ会議でできること

テレビ会議でできること

テレビ会議でできること画像
まず初めに...「テレビ会議」とは?

テレビ会議は“会議”という言葉が名称についているため「会議を行うためのツール」と考えがちですが、テレビ会議は、遠隔地にいる相手と【顔を見ながらリアルタイムに話ができる】コミュニケーションツールです。会議用途だけに使うのではなく、社内・社外コミュニケーションとして活用いただければ、コミュニケーション効果がUPするツールです。

テレビ会議のメリット

遠隔地の人とリアルタイムに映像・音声のコミュニケーションを行うテレビ会議システムですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。
まず、「コスト削減」を実現します。テレビ会議導入を検討される多くのお客様はコスト削減を最大の目的とされています。テレビ会議を活用することで、出張費や宿泊費、移動にかかる人件費などをカットすることができます。
コスト削減を可能にするテレビ会議ですが、効果はそれだけではありません。
テレビ会議の最大のメリットは「コミュニケーションの活性化」です。コミュニケーションを取る手段はさまざまな方法がありますが、テレビ会議はリアルタイムに映像と音声を併せ持ってコミュニケーションが取れるツールです。ビジュアルコミュニケーション=テレビ会議だからこそ、より深いコミュニケーションを実現するのです。

テレビ会議でできること

テレビ会議は、コミュニケーション用途別でさまざまな使い方が可能になります。
意思疎通がはかれ、お互いの認識のズレをなくし“質のよいコミュニケーション”を生み出します。
一例ですが、「テレビ会議でできること」をご紹介します。

テレビ会議でできること -Avayaの場合-
テレビ会議でできること

1対1接続コミュニケーション

1対1接続コミュニケーション

テレビ会議システムを1対1でpoint to point接続、気軽で簡単に遠隔地とコミュニケーションが行えます。

複数拠点と同時接続

複数拠点と同時接続

テレビ会議システムに内蔵多地点接続オプションを搭載すれば、複数拠点と同時接続ができます。Avaya製品では最大9拠点まで同時接続が可能です。また、内蔵多地点オプションでは拠点数がオーバーしてしまう場合は、専用の多地点接続装置(MCU)を導入することでより多くの拠点とのテレビ会議を実現します。

データ共有機能

エクセルやパワーポイントデータを送受信
PCとテレビ会議を接続

PCとテレビ会議システムを接続し、作成したデータを相手側に表示させることが可能です。プレゼンターと資料、といった形式で臨場感あるコミュニケーションを実現します。

書画カメラで細かいモノを大きく表示
書画カメラとテレビ会議を接続

書画カメラを利用して、精密機械の製品パーツや図面を拡大表示し、相手側に写し出します。肉眼では見づらい小さなモノも鮮明に表示することができます。製造業や医療関係、大学などの教育機関の多くの分野で導入されています。

マイクシステムを拡張

マイクシステムを拡張

専用マイクの他に、ミキサー・グースネックマイクなどインテグレートされたマイクシステムを増設することで、さらに音声のよいテレビ会議を実現します。

社外とコミュニケーション

社外とコミュニケーション

NAT/FW越えやISDN接続、PCやモバイル端末を利用可能にするさまざまなソリューションを構築することで、出張先・自宅・取引先・仕入先・協力会社など、「社外」との接続が行えます。

PC・タブレット端末・スマートフォンからテレビ会議参加

PC・モバイル端末から会議参加

PCやモバイル端末を利用可能にするソリューションを構築することで、PC、タブレット端末、スマートフォンからテレビ会議に参加できます。社内・社外を問わず、いつでもどこでもビジュアルコミュニケションが行えます。

  • お問い合わせはこちらから
  • お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-880-576