テレビ会議活用事例紹介 税理士法人様

その他税理士法人様

【データ】
社員数 約400名
国内事業所10拠点

 

Lifesize UVCが国内・海外拠点間のコミュニケーション活性化をサポート
既存の資産を活かした全拠点接続、
PC端末とスムーズに接続できる会議環境を実現

既存の会議ツールの不足を補えるテレビ会議ソリューションを検討

 某税理士法人様は国内9拠点に事務所を構え、拠点間コミュニケーションのため、テレビ会議を利用していました。国内全9拠点での多地点接続を行っていましたが、新しく拠点が増えることになり、10拠点でのテレビ会議接続が必要になりました。
 ところが、既存のテレビ会議のもつ内蔵多地点機能で対応できる接続拠点数は9拠点でした。はじめは、同じメーカーの内蔵多地点機能をもつテレビ会議をもう1台用意し、カスケード接続することで10拠点接続することを考えましたが、この方法では、製品の仕様上、全拠点の分割表示が不可能だとわかりました。同法人様では10拠点を1画面表示することで、全拠点で会議に参加している一体感を持たせたいと考えていたため、カスケード接続は同法人様の会議スタイルには不向きと判断し、他の方法を探すことになりました。
 ご相談を受けたVTVジャパンが、システム要件などをお客様とディスカッションしながら提案を行ったところ、さらに新たな課題が浮上してきました。
 同法人様では、テレビ会議の他にWeb会議を導入し、海外拠点との接続に利用していました。しかし、海外拠点とテレビ会議接続できるのは、Web会議を導入している本社のみでした。グローバルな事業展開を視野に入れている同法人様にとって、今後増え続ける海外拠点と接続できるテレビ会議環境の整備もクリアしておきたい課題でした。
 そこでVTVジャパンは、既存のテレビ会議を活かし、海外からはPC端末で会議に参加できるソリューションとして、Lifesize UVC インフラストラクチャーバンドルによる運用を提案しました。
 同製品は、テレビ会議管理、多地点接続、PC・モバイル接続、録画・ストリーミングなどの会議機能アプリケーションをインストールしたソフトウェアベースのMCUとライセンスをまとめたパッケージ製品です。接続拠点数等に合わせて3種類のパッケージから選択ができ、機能面においても、コスト面においても同法人様のニーズを満たしていました。

 

国内・海外のどの拠点同士でも接続できるテレビ会議環境を整備

 VTVジャパンは、お客様環境下で問題なくテレビ会議が接続できることをご確認いただくために、お客様先に機材を持ち込み、接続テストを行いました。既存のテレビ会議で10拠点が問題なく通信できたこと、10拠点接続しても画質が良かったこと等が評価され、Lifesize UVCインフラストラクチャーバンドル LARGEパッケージの導入が決定しました。

 現在同法人様では、全体会議、朝礼、部門会議、社内打ち合わせなどに利用しています。全体会議では、海外拠点を含めた15拠点でテレビ会議接続することもあるそうです。

 今回の導入を機に同法人様では、専用端末・PC端末関係なく社内でのテレビ会議接続は全てLifesize UVCのバーチャル会議室に接続する方法に統一しました。今まで、接続相手に合わせてテレビ会議ツールを使い分けていた本社のスタッフからは、会議接続方法がシンプルでスムーズになったと特にご好評をいただいています。社内でのテレビ会議システムの稼働率もさらに上がり、拠点間のコミュニケーションが活発に行われているそうです。 
 今後は、Lifesize UVC インフラストラクチャーバンドルのパッケージに含まれているLifesize UVC VideoCenterの会議録画・ストリーミング機能を利用した社内勉強会の研修を予定されています。

 

税理士法人様 導入機種

  • Lifesize UVC バンドル
      UVC Multipoint:多地点接続機能
      UVC Manager:会議予約・管理機能
      UVC VideoCenter:録画・ストリーミング機能
      UVC ClearSea:PC/モバイル接続機能

テレビ会議システム構成図

この事例にご興味ある方は、詳細をご説明させていただきます。
お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

  • お問い合わせはこちらから
  • お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-880-576