テレビ会議活用事例紹介 マーケティング会社様

商社マーケティング会社様

 

中国のクライアントとの打ち合わせをテレビ会議で
Skypeではつながらなかった他の海外拠点ともコミュニケーションが可能に

海外のクライアントとの打ち合わせにテレビ会議を利用してコスト削減

 リサーチ部門とデザイン部門の2つの専門スキルを持つマーケティング会社様は、海外のクライアント様が多数いらっしゃいます。コミュニケーション手段として、電話やメール、出張の他、Skypeをご利用になっていました。
 以前Polycomのテレビ会議システムをお持ちの中国のクライアント様から、テレビ会議で打ち合わせをしたいというお話を持ちかけられたことがありました。そこで一度見積もりを取ったものの、当時は予算の都合で導入は見送られました。

 その後、他の海外のクライアント様とのやり取りも増えたことや、Skypeではうまく繋がらないこともあったため、円滑な海外とのコミュニケーションへの要望が高まりました。また、海外との打ち合わせの他にも利用用途がありそうだとの思いから、再度テレビ会議システムの導入をご検討されました。

 クライアント様がPolycom製品を使用されていることから、Polycomの製品を検討することになりました。そしてインターネットでPolycomを扱っているベンダーを探し、VTVジャパンにお問い合わせをいただきました。

 早速同社様へ訪問し、テレビ会議導入の要件を伺ったところ、メーカーがPolycomであることと、多地点接続機能があることが要件として挙がりました。要件を満たす製品は以前見積もりを取った時と同様に高額でしたが、お客様の環境下で接続テストを行い、満足のいく結果が得られたことと、当時キャンペーン価格が適応されて通常よりリーズナブルであったことが決め手となり、Polycom Group500が導入されました。また、専用機以外にPolycomのPCクライアントソフトウェアも併せて導入されました。

同社様独自のユニークな使い方も

 利用用途の多くは海外のクライアントとの打ち合わせで、導入後の効果として外出や出張が削減されたとお話いただきました。テレビ会議を導入後、半年の間で中国のクライアント様とは3回ほどやり取りがあり、出張回数も削減されたそうです。
 また、リサーチ会場とリサーチを依頼したクライアント様のいる部屋をテレビ会議を接続して、グループインタビューの様子をご覧いただくという、ユニークな使い方もされています。会場に行く時間のないクライアント会社の役員様にも好評をいただいており、テレビ会議を使ったサービス向上を実現されています。

 テレビ会議のやり取りを録画して利用されることもあるそうで、その際に録画した映像の中のモニタにうつるテレビ会議の映像がとてもクリアである、とのご評価をいただきました。

 また、これまでSkypeで満足な品質を得られなかったインドネシアや台湾、シンガポールなどの拠点でも、PolycomのPCソフトウエアであれば問題なく利用できており、インターネット経由でつながる点もご満足いただけたようです。

 今後は例えばモバイルの活用など色々な会議スタイルをご検討されていらっしゃいます。
テレビ会議がこれからも同社様の業務に有効活用されることが期待されます。

 

マーケティング会社様 導入機種

テレビ会議システム構成図

この事例にご興味ある方は、詳細をご説明させていただきます。
お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

  • お問い合わせはこちらから
  • お電話でのお問い合わせ フリーダイヤル0120-880-576