ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
テレビ会議を導入するメリット
テレビ会議を導入するメリット

ビジュアルコミュニケーションを学ぶテレビ会議を導入するメリット

テレビ会議を導入するメリット

 

テレビ会議などのビジュアルコミュニケーションツールを導入することで、以下の大きなメリットが得られます。

距離をなくす

場所による情報格差をなくす
本社に講師を招いて行われるセミナーに支社からもテレビ会議で出席でき、本社と支社の情報格差をなくせる。
在宅勤務に活かせる
子育てや介護などが理由で家を離れられない場合も、勉強会へ参加や上司との打ち合わせができる。
同じオフィスにいるかのように働ける
離れたオフィスを大型モニターで常時接続すれば、まるで同じオフィスにいるかのように仕事ができる。
取引先も召集できる
海外などの遠距離に取引先ができても、テレビ会議なら問題なく打ち合わせができる。

時間にとらわれない

会議スケジュールが楽に
忙しい参加メンバーの移動時間を含んだ調整の必要がなくなり、スケジュール調整の負荷が減る。
外出先からも参加できる
不意に出張が入っても、ホテルや外出先から大事な会議に参加でき機会損失を生まない。
すぐに打ち合わせできる
離れた支社にいても相談したいことができたら、担当部署に相談に乗ってもらうことができる。
参加できなかった会議もみれる
テレビ会議なら録画も簡単なので、参加できない会議は録画データを視聴して話に乗り遅れない。

コミュニケーションが深まる

月1回の会議が何回でもできるようになる
時間や出張費などのコストを考えず、誰もがいつでも気軽に打ち合わせを行うことができる。
遠隔拠点の人間との会話数が増える
頻繁に対面コミュニケーションを重ねることで、距離に関係なく一緒に仕事ができる。
会議以外のコミュニケーション機会が増える
社内イベントや行事でもテレビ会議で行えば、本社・支社の距離を超えて一体感が深まる。
取引先とのコミュニケーションも深まる
電話やメールだけではなかなか築けない密なコミュニケーションが、Face to Faceなら短時間で築ける。
参考リンク