ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
テレビ会議用語集 トップ画像
テレビ会議用語集 トップ画像

テレビ会議用語集UDP [読み方:ゆーでぃーぴー]

UDP [読み方:ゆーでぃーぴー]

User Datagram Protocol を表す。TCP/IPプロトコルにおいてTCPとともにOSI (Open System Interconnection)参照モデルのトランスポート層に位置づけられるプロトコルで、RFC 768(STD 6、1980年12月発行)で規定されている。アプリケーション間の通信として、2つのノード間で高速かつ簡素な通信を実現する。TCPと異なり、到達データのチェックや並べ替え等の整合性維持の機能が無いため、パケット損失などへの対策はアプリケーション層で施さなければならない。パケット化のオーバヘッドが少なく、ノードでの処理が軽いことが特徴で、高速で遅延の少ない通信に利用される。音声や映像のようにリアルタイムで連続的な情報を発生する場合のデータ転送に用いられる。
IP上のテレビ会議システム(H.323システム、SIPシステム)では音声、映像、データのメディア信号をRTPパケットにして送る場合にUDPが用いられる。その他、H.225.0 RAS信号のようにマルチキャストが必要な場合にも、TCPにはユニキャストの機能しかないため、UDPが用いられる。