ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
マイク・スピーカーフォン Yamaha(ヤマハ)製品
マイク・スピーカーフォン Yamaha(ヤマハ)製品

マイク・スピーカーフォン Yamaha(ヤマハ)製品YVC-200

Yamaha(ヤマハ)

YVC-200

コンパクトな会議用スピーカーフォン。

YVC-200

1~4名程度の小規模グループでの会議利用に適したマイクスピーカーシステム。小型・軽量で持ち運びでき、場所を選ばずいつでも会議を始められる。

標準価格 : オープンプライスお見積無料

製品について相談する

概要

USBとBluetoothの2つのインターフェースを搭載

USBとBluetoothをインターフェースとして搭載し、専用ドライバーのインストールは必要ありません。PCにはUSBで接続、スマートフォンやタブレットはBluetoothで接続し、スムーズに会議を開催できます。NFC接続機能を搭載し、NFCに対応したスマートフォンやタブレットを使えば、YVC-200にかざすだけで簡単にBluetooth接続できます。

優れたポータビリティーと2色のカラーバリエーション

小型で軽量ながら堅牢なボディを兼ね備えたYVC-200は、どこにでも持ち運ぶことができます。白黒二色のカラーバリエーションでさまざまなシーンにフィットします。

最大で88dB出力可能なパワフルスピーカー

YVC-200は最大で88dBのスピーカー出力が可能です。臨場感のある音量で、遠隔コミュニケーションに集中することができます。

360°全方位からの音声を収音

360°全方位をカバーするYVC-200のマイクは、参加者の音声を逃さず収音します。またヤマハ独自の音声信号処理が加わることで、クリアな音声を通話相手に届けられます。

デバイス、OSを選ばない高い互換性

Windows、macOS、iOS、Androidに対応し、利用できるUCアプリケーションを選びません。あらゆるOSやデバイスを自由に組み合わせて遠隔コミュニケーションソリューションが行えます。

ヤマハの音声信号処理技術を多数搭載

Super-wideband(Fs32kHz)に対応、音声品質を劣化させることなくリアルな音声で臨場感ある遠隔コミュニケーションが可能です。エコーキャンセラー、ノイズリダクション、オートゲインコントロールなど会議を円滑に進めるために必要な機能はもちろん、マイクから収音した音の中から人間の声だけを高精度で判定する技術「Human Voice Activity Detection(HVAD)」を音声処理に組み込むことで、音声とノイズを仕分けして、「話しやすく」「聞きやすく」「疲れない」音声コミュニケーションを実現します。

背面図

Yamaha(ヤマハ)YVC-200背面図

スペック

製品名
YVC-200
寸法
H43.0 × W140.0 × D140.0mm
重量
280g
製品について相談する