ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
マイク・スピーカーフォン Yamaha(ヤマハ)製品
マイク・スピーカーフォン Yamaha(ヤマハ)製品

マイク・スピーカーフォン Yamaha(ヤマハ)製品YVC-330

Yamaha(ヤマハ)

YVC-330

小~中規模向け会議用スピーカーフォン。

YVC-330

4~6名程度の小規模グループでの会議利用に適したマイクスピーカーシステム。ヤマハ独自の音声処理技術を多数搭載し、自然で快適な会話が実現できる。

標準価格 : オープンプライスお見積無料

概要

ヤマハの新しい音声信号処理技術”SoundCapモード”を搭載

雑音の多い環境下でもSoundCapの3つの機能で快適なコミュニケーションを実現します。

  1. 収音範囲制限機能
    マイク近くの会議参加者の声を収音し、不要な周囲の雑音を抑制する機能です。3つの内蔵高性能マイクが、音の発生源とマイク本体との距離を的確に測定し、遠くからの音を抑制します。

  2. マイク自動ミュート
    会議参加者の発言を認識し、自動でマイクミュート・ミ ュート解除する機能です。収音した音声信号から人の声を判別する”Human Voice Activity Detection(HVAD)”と連携し、その判別結果から自動的にマイクミュートの操作を行います。

  3. スピーカー音量自動調整
    収音した音声信号から人の声を判別するHVADで、スピーカー音量を適切なボリュームに調整する機能です。周囲の雑音が大きい場合はスピーカー音量が大きくなるなど快適な環境を整えます。

クリアな音質、豊かな音量で最適な会議を実現

会議室など一般的に雑音が少ない環境では、スタンダードモードが会議に最適な環境を提供します。3つの内蔵高性能マイクが話者追尾を行い、高音質な収音を発揮します。またUSBバスパワーで豊かな音量 (瞬間最大91dB)で快適な会議を実現します。

連結利用で集音範囲を拡大

YVC-330は、オプションの連結ケーブルを使用することで2台まで連結して利用することができます。2台連結することで、10名規模のグループでの会議にも利用できます。

ヤマハの高音質技術を多数搭載

エコーキャンセラー、ノイズリダクション、オートゲインコントロールなど会議を円滑に進めるために必要な機能はもちろん、マイクから収音した音の中から人間の声だけを高精度で判定する技術「Human Voice Activity Detection(HVAD)」を音声処理に組み込むことで、音声とノイズを仕分けして、「話しやすく」「聞きやすく」「疲れない」音声コミュニケーションを実現しました。

背面図

Yamaha(ヤマハ)YVC-330背面図

スペック

製品名
YVC-330
寸法
H46.0 × W235.0 × D226.0mm
重量
800g